Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

アルゴ~本当にあったウソのようなお話

おそらくこの映画も、スマッシュヒットすることなく、
映画館から上映は終わるでしょう、残念ですが。
でも、機会があれば、見て欲しい映画です。

ベン・アフレックがオスカー俳優、監督にでもなれば、
話は別ですが(そう遠くない将来、オスカーを獲得するでしょう)

1979年に起こったイランでのアメリカ大使館人質事件。
実はその裏でもうひとつの事件が起こっていた。
しかも、その事件は記録から消されていた。


c0033213_453639.jpg


映画「アルゴ」


あらすじ:
1979年11月4日、テヘラン。
イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を
過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。
パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の
自宅に潜伏。救出作戦のエキスパートとして名をはせる
CIAエージェントのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は、
6名が過激派たちに発見され、殺害されるのも時間の問題だと判断。
彼らを混乱するテヘランから救出する作戦を立案する。
しかし、それは前代未聞で大胆不敵、そして無数の危険が
伴うものだった……。


c0033213_462325.jpg


時折、その当時のニュース映像を混ぜて、ドキュメンタリーのような
展開を見せつつも、ベン・アフレック監督、魅せますね。

「アポロ13」のように結末は分かっているのですが、やはり
どうなるのか? ハラハラドキドキしてしまう。

上手くいくかと思えば、障害が発生し、それを乗り越えたら、また
障害が、と。見ているものの心をもて遊びますね。

ウソのような話が段々とリアルに現実感を帯びてきて、それが本当の
話として、進んでいく。


社会派サスペンスのお手本のような映画。

ぜひとも、たくさんの人に見て欲しいです。

映画界の内幕、アメリカ政府(特にCIA)の慌てぶり、内側が分かって
とても興味深いです。


その当時のファッションに、懐かしさも感じました。

陰日なたにいる男たちの心意気も良かったですね。

c0033213_462462.jpg


日本でも、まだまだ埋もれている話がいっぱいあると思います。
なんとか、こんな感じで、社会派サスペンスエンターテイメントな
映画に仕上げることは出来ないかな?

あ、僕がやれば良いんだ。

頑張ります!
[PR]
by fyamasan | 2012-11-03 04:06 | 映画 | Comments(0)