黄金を抱いて翔べ~豪華な顔ぶれ&こちらも悪人か

「ツナグ」に続いて、井筒監督の「黄金を抱いて翔べ」も
早速見てきました。

ただ、原作の高村薫さんの映画化は、結構、失敗気味なんで、
心配してましたが、どうだったんでしょうか?

映画「黄金を抱いて翔べ」

c0033213_5101483.jpg


あらすじ・


裏社会の住人相手の調達屋として生きる幸田(妻夫木聡)は、
大学の同級生だった北川(浅野忠信)からある計画を持ち掛けられる。
それは大阪市の銀行が誇る、コンピュータを駆使した完璧な
防犯システムが施された金庫から240億円相当の金塊を強奪すると
いうものだった。システムエンジニアの野田(桐谷健太)、
北川の弟・春樹(溝端淳平)、爆破のプロでスパイでもあるモモ
(チャンミン)、元エレベーター技師のジイちゃん(西田敏行)
というメンバーで金庫に挑む幸田たちだったが、彼らの意外な過去や
裏切りが浮上し……。



2時間弱の映画。
それなりにハラハラドキドキ感もあり、楽しめたのは楽しめたんですが、
原作を読んでいないと、人物関係や過去、背後が非常に分かりにくい。
知っているという前提で進むんで行くので、この人は、「え、なぜ?」と
疑問符が付いてくる。

それと時代設定がいまいち、ピンと来ない。
2012年の設定では、銀行のセキュリティはもっとすごいだろうし、
金を盗むにしては、人前で堂々と喋っているし、結構、緊張感が
ないですね。

c0033213_5103871.jpg


北朝鮮や公安絡みの話も面白いんですが、人物関係の説明がない分、
話に入りにくい。

いっそ、このあたりを省くかして、金に困った男たちの金塊の争奪戦に
したほうが、もっとシンプルになったのでは?と思います。

でも、そうなると、高村薫の作品を映画化した意味がなくなりますね。

リアルを追求する井筒監督にしては、結構粗が多かったような気がします。


予告編も期待持てたので、ワクワクして、劇場に行きましたが、
僕としては、出来には満足できませんでした。

c0033213_511044.jpg


でも、役者は良かったですね。

特に妻夫木の正体の分からない役柄が、良いですね。
最後まで、なぜ、この計画に参加したのかが、分からないのが、
残念でしたが。

「悪人」の頃よりも、一皮剥けた印象を受けました。

浅野忠信、桐谷健太、西田敏行、など、適材適所や役柄。
東方神起のチャンミンも、良い味だしてましたね。

溝端淳平くんの役柄が、いまひとつ、よく分からなかったです。

大阪が舞台なんで、見慣れた場所が出てきます。
それを探すのも楽しみですね。
[PR]
by fyamasan | 2012-11-08 05:10 | 邦画

メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31