Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

夢売るふたり~男と女

最近、邦画続きですが。

こちらも気になっていました。

西川美和監督の最新作。

人間の闇や暗い部分を描くのが得意な西川監督。

今回はどんな風に描くのか?


映画「夢売るふたり」

c0033213_4155162.jpg


あらすじ:
東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻の里子(松たか子)。
店は小さいながらも順風満帆だったが、火事で全てを失ってしまう。ある日、
貫也が常連客と一夜を共にし、すぐに里子の知るところとなるが、里子は結婚詐欺で金をだまし
取ることを考案する。結婚願望の強いOLなど寂しい女たちの心の隙につけ込んで、店を
再開するための資金を稼ぐ二人。しかし、夫婦の関係に影が差し始め……。


この映画、賛否両論でしょうね。
なかなか一筋縄ではいかない。

冒頭の店の繁盛の様子。
5周年のお祝いの記念品など。

そこから火事で、いっきに人生、急降下してしまう。

話とは違うのですが、僕が気になったのは、松たか子が演じた里子の指輪。
指に結婚指輪をしている。

実際には、ほぼ、夫である、貫也(阿部サダヲ)が料理をしています。
でも、調理場に入ったり、包丁を持ち、ラーメン屋ではネギを切っている。
でも、指輪が。

なんか細かいことに気になると、どうも、ダメで。

料理する人は、基本料理中は外します。

僕ならば、指輪を外すシーンを入れたけどなあ、と。

c0033213_4162960.jpg


結婚詐欺の話なんですが、あんまり見ていて、すっきりはしません。
でも、松たか子が、妻を演じているから、見ていられるのかもしれませんね。
夫もそうですね、阿部サダヲだから、こちらも許せてしまうのかも。

誠実そうな人柄ゆえに、女性は気を許してしまうのかも?

女性の強さ、したたかさ、情念、そして、弱さ。
男の弱さ、ずるさ、意気地なしさ、まめさ。

夫婦ってなんだろう?

結婚って?

c0033213_4163378.jpg


結婚詐欺をして、お金をためて新しい店を出すという目的が、次第にずれていき、
二人の人生、関わった人たちの人生をも狂いだしていく。


女性が描くとこうなるのか?

男性が、描くと、園子温の「恋の罪」になるのでしょうかね?



c0033213_4184728.jpg

「恋の罪」を見終わった後は、かなりしんどかったですし、もう一度見ようかなあと
なかなか思えないほど、力吸い取られました。


この映画、皆さんはどう思ったのでしょうか?


出演者も豪華。



田中麗奈  鈴木砂羽 木村多江 安藤玉恵 江原由夏 やべきょうすけ

大堀こういち 倉科カナ 古舘寛治 小林勝也 伊勢谷友介 香川照之

笑福亭鶴瓶
[PR]
by fyamasan | 2012-11-17 04:08 | 邦画 | Comments(0)