Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

シュガーマン 奇跡に愛された男~運命は突然、炎のごとく

これこそ、「音楽のチカラ」と思いたい。
奇蹟のような本当のドキュメンタリー映画。
公開規模は少ないですが、ぜひとも劇場で見て欲しいですね。


映画「シュガーマン 奇跡に愛された男」


c0033213_14314418.jpg


内容・

デトロイトの場末のバーで歌を披露しているところを著名な音楽
プロデューサーに見いだされたロドリゲスは、1970年代に
デビューアルバムを発表するも商業的には失敗し、音楽シーンから
姿を消す。しかし彼の楽曲は海を越えて南アフリカへ渡り、
反アパルトヘイト運動を続けていた若者たちの絶大な支持を得て
革命のシンボルとなっていく。


良い歌が必ずしも売れるわけではない。
ヒットなんて、タイミングと運のめぐり合わせではないでしょうか?

ボブ・ディランよりも好きかもと、これが売れなかったのか?と思うぐらいですね、
劇中で流れるロドリゲスの声と歌に、はまりました。


音楽で生活は出来なかったですが、市長選にまで立候補するぐらい
社会のことを考えていたロドリゲス。
3人の娘に囲まれて、裕福ではないですが、自分なりの生活をしていた。

そんな時に、自分が作った曲が、遠く離れた南アフリカで大ヒットしていると聞き、ついには、ライブを行うようになる。

アメリカでは無名ですが、南アフリカでは超有名人。

チラシの宣伝文句が良いですね。

「夢は忘れた頃にやってくる」


なぜ、南アフリカなのか?

なぜ、アメリカでは売れなかったのか?


このあたりは映画を見ての話ということで。

本当、人生どうなるか、分かりませんね。

僕も自分の夢を信じて、頑張っていきます!
[PR]
by fyamasan | 2013-04-03 14:32 | ドキュメンタリー | Comments(0)