Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

「クレヨンしんちゃん」&「ドラえもん」~予想以上の面白さ

早いもので、TOHOシネマズの1ヶ月フリーパスもとうとう終了しました。
午前中や昼間の時間帯で、スケジュール立てながら、「世界にひとつのプレイブック」から
「ドラえもん」まで24本見ることが出来ました。

普段見ないだろうなあと思う映画も見ることが出来たのも、フリーパスの
おかげであります。

それにしても、「クレヨンしんちゃん」&「ドラえもん」もよく出来た
映画でした。

特に「ドラえもん」は全然、予想もしなかっただけに、だてに何十年と
続いているわけではないんだと。

c0033213_534273.jpg




映画クレヨンしんちゃん バカうまっ! B級グルメサバイバル!!


あらすじ・

「B級グルメ」のイベントに行く途中、伝説のソースの運搬を任された、
しんのすけたち“カスカベ防衛隊”。そのソースは日本のB級グルメを
守る大切なソースだった。A級グルメの魔の手が忍び寄る中、
しんのすけたちは庶民の幸せを守り抜くため、ソースを無事に運ぶ
ことができるのか……。


劇場版シリーズの第21弾か、そんなに長い人気シリーズにも
関わらず、劇場で見るのは初めてでした。

公開からだいぶ経っていて、しかも昼間とあり、劇場はガラガラでした。
子どももおらず、男(しかも年配風)が数人と、意外な客層でした。

ロードムービー風の展開で、ソースを無事に届けることで、しんちゃん
はじめ、カスカベ防衛隊のメンバーの結束が強くなっていく話で、しっかり
としたものでした。

A級グルメのグルメ・ポウのキャラが良くて、そうなんだろうとは予測は
出来ましたが、トラウマが分かると、ほんのりとジーンとしてしまいました。

色々とコネタを仕込んでいたりと、しんちゃんさすがですね!

焼きそば、食べたくなりました!


続いて、


c0033213_544616.jpg


「映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)」

あらすじ・

ある日、昼寝中のドラえもんの鈴が盗まれるという事件が発生する。
犯人は怪盗DXという正体不明の男。そこでのび太はシャーロック・
ホームズセットを使い、未来にある「ひみつ道具博物館
(ミュージアム)」に事件の手がかりがあると突き止め、
みんなで未来へと行くことにする。しかし、博物館でも怪盗DXによって
さまざまなひみつ道具が盗まれてしまい……。


小さい頃から親しんできた「ドラえもん」

声優陣が一新され、TVも見ることもなく、久しぶりにドラえもんと
再会出来ました。
映画館で見ることなんて、小学生以来ですから、何十年ぶりでしょうね。

「名探偵コナン」もうなりましたが、「ドラえもん」にもやられました。
侮れないなあ。

なぜ、ドラえもんが鈴を必死に探すのかは、だいたいは分かってはいた
んですが、真相が分かると、こちらもやはりジーンとしてしまいますね。

ちょっとノルスタジーぽい展開で、子どもと見に来ている親の方が
グッとくるような気もします。

こちらも公開から日数が経っているので、ガラガラでしたが、おそらく
おばあちゃんと一緒の男の子の兄弟来ていました。

映画に直に反応するので、そばで見ていて、面白かったです。

僕もおばあちゃんに、「東映まんが祭り」など一緒に見たことを
思い出しました。

この子達も大人になったら、思い出したりするのかなあと、ふと考えたりも
しました。


話の方は悪人らしい悪人は出てこないです。
ですが、悪いことをするにも理由があり、それが、また、切ない理由で、
涙そそるんですね。

どんでん返しもあり、シナリオ的にもよく出来てました。

コナンもそうですが、1年に1本ということで、準備もしっかりとして
いるからこそ、クオリティも高いんでしょうね。

来年は藤子先生の生誕80周年ということで、映画もスケールでかく
なるみたいです。

なんか、次回作が楽しみになりましたね。

入場者プレゼントも頂きました。
ちょいっと恥ずかしかったですね。

c0033213_553542.jpg



[PR]
by fyamasan | 2013-04-26 05:06 | 邦画 | Comments(0)