Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

リンカーン~人間リンカーンとは?

公開から1ヶ月経ちましたが、ようやく見てきました。
何度も映画館で予告編見ましたので、お腹いっぱい状態でしたが。

アカデミー賞、主演男優賞は取ったけど、あとはあかんかったなあ。
そうやなあと。


映画「リンカーン」

c0033213_415067.jpg


あらすじ・

エイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)が、
大統領に再選された1865年。アメリカを内戦状態に追い込んだ
南北戦争は4年目に突入したが、彼は奴隷制度を永遠に葬り去る
合衆国憲法修正第13条を下院議会で批准させるまでは戦いを
終わらせないという強い決意があった。そのためにも、国務長官
ウィリアム・スワード(デヴィッド・ストラザーン)らと共に
憲法修正に必要な票を獲得するための議会工作に乗り出す。
そんな中、学生だった長男ロバート(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が
北軍へと入隊し……。


150分。
長いなりにも色々な工夫はしていて、それはそれで楽しめたの
ですが、やはり全体的に盛り上がりに欠けているような印象を
受けました。

奴隷解放の法案を通したい、でも、4年も続いている南北戦争に
なんとか終止符を打ちたい。


c0033213_421330.jpg


家族のことも頭を悩ます。

色々なものを背負いつつ、リンカーンは重大な決断を下すことに
なります。


アメリカ人なら知っていることかも知れません。
なにぶんそれほど、知識を持ってなく見てましたので、歴史的な背景、
人物関係などをもっと知った上で、見たら良かったなあと感じました。

ダニエル・デイ・ルイス、3度のオスカー受賞もうなづける名演技
ですが、僕的には、奴隷解放に執念を燃やし、そのためには自身の
生き様を変えるまでになる議員を演じた、トミー・リー・ジョーンズ
の方に、より感情移入してしまいました。


ため口で話しかける兵士にも普通に話しこんだり、例え話をして、
周囲を朗らかにするような、気さくなリンカーン像が
描かれていたように思えます。


c0033213_42438.jpg


人間リンカーン、奴隷解放法案、当時の議会、政治家の姿など、
歴史的に見て、面白いエピソード満載ですが、映画の作りとしては、
どうなのかなあ?と思ってしまいます。

今も昔もそうですが、政治家は、自身の利権や選挙で動くんですよね。
[PR]
by fyamasan | 2013-05-22 04:02 | 映画 | Comments(0)