Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

オブリビオン~ジャック・ハーパーとは何者?

c0033213_3242714.jpg


あらすじ・


エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が半壊してから60年。
生き残った者たちがほかの惑星へと移住してしまった中、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)
だけが地球に残って上空から偵察していた。パトロールに向かっていた彼は、誰一人として
生存しているわけがないエリアで何者かの襲撃を受けてしまう。混乱するジャックの前に
現れたのは、ビーチ(モーガン・フリーマン)という謎の男。彼との遭遇を機に、
ジャックは地球、人類、そして自身の運命を担う冒険に出ることに。


前半が2077年の世界。
いったいどうなっているのか、どうしてそうなったのか?
現状の世界を見せての説明が続く。

ところどころに伏線のようなものを描きはします。

そして、後半から、一気に話が急展開していきます。

いきなりやなあと、思いつつも、なるほどと。

でも、もう少し前半にも散らばってもええんちゃうんかな?とは思いました。

c0033213_3393983.jpg


「トロン・レガシー」の監督ゆえの独自の世界観。
どんな映像なんやろ?と期待してました。

どんな映像かは映画を見てのお楽しみに!

偵察機のデザインもカッコいいし、「ガンダム」に出てくるボールのような
攻撃機?も意外ともろいのが面白い。

SF映画ではありますが、自分探し、恋愛、環境問題、などなど色々と考えてしまう、
なかなか深い映画であるように思えます。

オブリビオンとは「忘却」という意味みたいですが、このキーワードから映画の
話がちらほらと見えてきますね。

つっこみどころも多いですが、考えてしまうということを考えれば、哲学的な映画でも
あると思います。


c0033213_3402955.jpg


c0033213_3403113.jpg



美女二人が登場しますが、ジャックはどちらを選ぶ?のでしょうか?

自分なら、こちらの女性に惹かれるなあとか、また考えてしまいますね(^0^)
[PR]
by fyamasan | 2013-06-26 03:16 | 映画 | Comments(0)