Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

きっと、うまくいく~上半期best1

c0033213_3343771.jpg



あらすじ:

行方不明だったランチョー(アーミル・カーン)が街に戻ってくると聞き、ファルハーン
(マドハヴァン)とラージュー(シャルマン・ジョシ)は母校に向かう。
10年前、三人は名門大学の学生だった。真っすぐなランチョーは異議があれば
学長にすら物申し、好きなことに打ち込んでいた。
しかし、ランチョーと学長の娘・ピア(カリーナー・カプール)が接近したことから、
3人は卒業目前で退学を言い渡されてしまう。


評判が良かったので、期待して見て来ました.

いや~、素晴らしかったです!

映画好きで良かったなあと、つくづく思えました。

170分あるのですが、まったく長さを感じません。
逆に終わらないでく~と思うほどでした。


c0033213_3452266.jpg


大学生3人の友情物語を軸に、人生論、恋愛論、インド(世界が抱える問題など)、
歌と踊りと笑いに乗せて、こちらに語りかけてくれます。

学歴、競争社会への批判。
幸せな人生とは?

ランチョーの言動が、大きく周りをかき乱していきますが、ユーモアいっぱいで、
涙も挟みつつ、本当、見ていてなんか嬉しかったですね。


これが映画の力だなあと、あらためて。
こんな映画が見たかった。
こんな映画を作りたいなあと、心から思いました。

笑いと涙だけでなく、ロードムービーであったり、サスペンスな要素もあり、
本当に色々なものが詰め込まれています。


c0033213_3463086.jpg


でも、シナリオが良いので、上手い具合に話が進んでいきます!

DVDも良いですが、これはぜひとも、何が何でも映画館で見て欲しいですね。

間違いなく、上半期マイベスト1です!

ランチョー、めちゃめちゃ、魅力的なんですよ!

良い映画でした!

c0033213_349247.jpg


ランチョーが恋する学長の次女を演じた、カリーナ・カプール。
綺麗な女優さんです!

ファンになりました(^0^)
[PR]
by fyamasan | 2013-06-29 03:35 | 映画 | Comments(0)