Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

終戦のエンペラー~なんとも違和感が・・・

c0033213_3585824.jpg


あらすじ・


1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の司令官として
ダグラス・マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)が日本に上陸。
彼は日本文化に精通している部下ボナー・フェラーズ(マシュー・フォックス)に、
太平洋戦争の真の責任者を探し出すという極秘任務を下す。
わずか10日間という期限の中、懸命な調査で日本国民ですら知らなかった
太平洋戦争にまつわる事実を暴き出していくボナー。
ついに最大ともいうべき国家機密に近づくが、彼と敵対するGHQのグループや
日本人たちの一団が立ちはだかる。


話題の「終戦のエンペラー」見てきました。


サスペンス?
ミステリー?

いったいどうなるのか?というハラハラ感はなく、アメリカの占領政策的に
天皇を利用したとの一般論がありますので、僕は特にこれぞという話は
なかったように思えます。


c0033213_3592986.jpg


終戦の15日の玉音放送を妨害しようと、反乱があった事実も有名ですし。

アメリカ政府としては、戦争の落とし前として、昭和天皇を裁判で裁く
ようにしたかった。

しかし、占領政策的に、それはやりにくいので、現地にいるマッカーサー陣営は
なんとか、昭和天皇を保護しようとする。

政府とマッカーサーの対立がもっと深刻で、その影響がどう及ぶすのかが、
描かれていれば、映画的にはもっと面白くなると思いますが。

ハリウッド映画にしては、今までの映画よりは、日本を描いてはいるとは
思いますが、歴史的な背景がどうも、違うようなこともチラホラ出てくるので、
なんともすっきりしない。

ネタばれになるので、あまり書けませんが、見終わったあと、色々と話が
進む映画ではあります。


c0033213_3595653.jpg


これが遺作となった夏八木勲さんの熱演も良いですが、個人的には、近衛
文麿を中村雅俊が演じているのは、なんとなく分かった気がしました。

東条英機を火野正平が演じているのが、びっくりでした。

終戦後の焼け野原となった東京はニュージーランドで撮影された
みたいです。

なんとなく異国の感じがしました(^0^)
[PR]
by fyamasan | 2013-08-03 03:59 | 映画 | Comments(0)