Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

謝罪の王様~土下座をこえる謝罪とは?


c0033213_1616219.jpg


映画「謝罪の王様」


あらすじ・

依頼者たちに代わって謝ることで、彼らが抱える多種多彩なトラブルを収束する
東京謝罪センター所長、黒島譲(阿部サダヲ)。ヤクザの車と追突事故を起こし、
法外な賠償金の支払いを迫られていた帰国子女・典子(井上真央)は、
彼に助けられたのがきっかけでセンターのアシスタントとなる。二人は、
セクハラで窮地に陥った下着メーカー社員の沼田(岡田将生)、あるエキストラの起用で
外交問題を起こしてしまった映画プロデューサー・和田(荒川良々)など、
さまざまな顧客に降り掛かる問題を謝罪で解決していく。


いや~、笑った、笑った。
「そんなアホ」なと思いながらも、話はどんどん進んでいく。

時間軸を上手く使い、なぜ、黒島が謝罪センターを開いたのか、過去の
出来事が分かるあたりから、ええ話へと展開していく。

c0033213_16173055.jpg


そして、複線がひとつにつながり、「なるほど」と、分からなかったものが、
明らかになるという、心憎い結末ですね。

「あまちゃん」でさらに年配層のファンを増やしたのか、お客さんは、年配層が多かったですね。

皆さん、大笑いしてました。

映画という映像を最大限利用して、自分たちの世界観を作り上げる、
クドカン、阿部サダオ、監督の水田。

このトリオの次回作が早くも気になりますね。


c0033213_16175766.jpg



個性豊かな共演陣も面白すぎるなあ!


さて、「土下座を超える謝罪」とはどんなものか?

映画館で確認してくださいね!
[PR]
by fyamasan | 2013-10-02 16:12 | 邦画 | Comments(0)