Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

蒸し暑い夜に

6月というのに、この暑さ。
これから先が思いやられる。
こんな時は、爽やかな涼しい映画でも見ればと、思いますが、
逆に、もっとムンムンと暑い、熱い映画を見ればサウナのような
効果があるかも?

c0033213_1555030.jpg

フランス映画、「略奪者」は北アフリカの砂漠が舞台。
主役は巨大トレーラーと
果てしなく続く砂漠。

砂金を強奪した4人の男達(曲者ぞろい)
海岸線までこの砂金を運ぶのが、
彼らの仕事。
しかし、目の前に大金となる砂金がある。
人間関係がスムーズに行くはずがない。


裏切りは当たり前。
「裏切られる前に、裏切れ。」 それが合言葉。


見渡す限り続く、砂漠の風景。
蒸し暑く、照りかえる太陽の熱視線。
ふとしたきっかけで、4人の男達の仲間割れが起きた。
元々、長い付き合いでもない。
この仕事の為に組んだチーム。
しかし、砂金を盗まれた者たちも追いかけてきた。
道行く先では、警察が待ち構える。
そして、最大の難所となる、地雷がある場所を通らなくてはならない。

c0033213_2171855.jpg


4人の内、誰が海岸線までたどり着けるのか?
いやいや、4人以外の者が砂金を横取りするのか?
その答えは砂漠だけが知っている。

c0033213_224191.jpg

主人公4人のうちの一人に、
ジャン=ユーグ・アングラード。
「ベティ・ブルー」や「二キータ」、
最近では「青い夢の女」の彼だが、
今回はタフな金髪の
トラック野郎を演じている。
監督はこん作がデビューとなる、
ルイ=パスカル・クーヴレール。
R・ベッソンに認められて、「ミシェル・バイヨン」の監督に抜擢された。

出来ればクーラーもない、暑い部屋でこの映画を見て貰いたい。
そうすれば、この映画の暑さ、熱さにも素直に入れるのでは?
如何でしょうか!
[PR]
by fyamasan | 2005-06-19 02:05 | 映画 | Comments(0)