Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

四日間の奇蹟」~やはり泣いてしまった

「世界の中心~」、「いま、会いにいきます」、と愛の奇蹟を描いた
映画が大好評ですが、これもそうなるでしょうか!

映画「四日間の奇蹟」を見てきました。
原作も2作と同じく大ベストセラーになりました。

c0033213_23523986.jpg
事件はイギリス・ロンドンで起こる。
将来を有望されていた、ピアニストの
如月敬輔(吉岡秀隆)は演奏会の後、事件に
巻き込まれ、一人の少女、千織(尾高杏奈)を
救う為に、左手を犠牲にしてしまう。

ピアニストにとって、それは廃業を意味していた。
またこの事件で、千織は両親を亡くし、
天涯孤独となった。

そして、事件から5年経った。
敬輔は千織を引き取り、彼女にピアノを教えていた。
千織はサヴァン症候群という病名の、生まれながらにして、
脳に障害をもっていた。
しかし、神は彼女に一度聞いた音楽を、同じように再現出来る
能力を与えていた。
敬輔の教えと千織の能力が、彼女のピアノを驚異的な腕前に
していた。
そして、二人は千織がピアノを弾くという形の演奏会を
全国各地の養護施設で行っていた。

物語は二人がある島の療養センターを訪れた所から、
進んでいく。
二人の噂を聞きつけた、職員、真理子(石田ゆり子)は、
ぜひ、この療養センターでも弾いてもらおうと、二人を呼んだ。
実は真理子は敬輔の高校の後輩で、敬輔は初恋の相手であった。
敬輔は覚えておらず、真理子に少し悲しい再会となったが。

演奏会も無事に終わり、名残を惜しむように、真理子と千織は
外で遊んでいたのだが、その時、突然の落雷が二人を襲う。
千織をかばった真理子は重症を負い、生命の危機にさらされた。
そして、軽症だった千織が目を覚ました時、奇蹟は訪れた。
だがこの奇蹟はほんの4日間だけなのである。

c0033213_0292239.jpg


どんな奇蹟が起こるのか?
それは映画を見てのお楽しみとしましょう。

ヒントとして、敬輔は真理子にとって忘れられない人。
そして、もう一度、敬輔のピアノを聴きたがっていた。
また、真理子には悲しい過去がありました。
許されるはずのない事が起こった4日間と言っておきます。

この奇蹟、あなたの目で確かめてくださいね。

千織を救う為に自らの音楽生命を犠牲にした敬輔。
でも、時には千織を憎む感情を持つ事を、告白する
場面には、じーーんときました。
人間だもの、そういう気持ちはある、完全な人間なんて
いないもの。

全編に流れるピアノの曲が素晴らしいです。
特にショパンの「別れの曲」が、胸に響きました。
俳優人では、出番が少ないですが、軽度の障害を持つ
老人を演じた、石橋蓮司がいい演技。
あと、千織を演じた、尾高杏奈ちゃんも新人ながら、素晴らしい!
障害を持つ女の子を見事に演じてました。
何千人から選ばれたみたいですよ。

ただ、吉岡秀隆の泣き顔が気になるんですが。
[PR]
Commented by りんご at 2005-06-22 07:10 x
こんにちは。
ボロボロ泣けてくる映画は苦手で、ほっとんど見ることはないのですが、これも思っていたよりもかなり面白そうでうすね!!
紹介してくださってありがとうございます♪
Commented by iiyan at 2005-06-22 11:24 x
これは期待できますよね。時間があれば見に行こうと思ってました。評判もいいですよね。かなり期待できそうですね。劇場に行こうと思いました。
本当良くご覧になられていますよね。かなり参考にしています。
Commented by fyamasan at 2005-06-22 23:32
>りんごさんへ

僕もあんまりストーリーは知らずに見ました。その方が、展開が分からない分、楽しめました。
いい感じで涙が出ると思いますよ。
ぜひ、見てくださいね。
Commented by fyamasan at 2005-06-22 23:35
>iyanさんへ

「いま、会いにいきます」が好きなiiyan さんなら、必見ですよ。
劇場で見てください。ピアノがまた涙を誘うんですよ。
サントラが欲しくなりました。

by fyamasan | 2005-06-22 00:40 | 邦画 | Comments(4)