バットマン・ビギンズ~全てはここから始まる

映画「バットマン・ビギンズ」見てきました。
正直、今までのバットマン作品には、
あまりいい印象が無かったので、
どうかなと思っていましたが、
予想以上に良かったです!

c0033213_15411967.jpg


この映画、ビギンズと名のつく通りに、
なぜバットマンが誕生したのか、
その誕生に焦点を絞ってます。
そして、なぜ、バット=こうもりなのかも?

ゴッサム・シティの大富豪の息子の、
ブルース・ウェイン(C・ベイル)は
6歳の時に、両親を目の前で殺されました。
これがトラウマになり、彼は両親の復讐と
悪との対決に、全てを懸けていきます。

成人した彼は、犯罪者の心理を知ろうと、
自ら犯罪集団にも入り、
牢獄へもぶち込まれます。
また精神的な強さを求め、ヒマラヤの山頂へ
向かい、ある集団に出会います。

その集団のリーダー、ラーズ・アル・グールを
演じるのが、我らがケンさん、渡辺謙です。
登場時間は短いですが、存在感は抜群であります。
そこで、指導者のデュカード(R・ニーソン)に
精神力の強さを教えられます。
ある境地に立ったたウェインですが、
自分とこの集団との正義や悪への
対処の仕方が違う事に気づき、
一人、ゴッサムシティへ戻ります。

ゴッサム・シティは以前より腐敗が酷く、
悪がはこびる街に成り果ててました。
ウェインの幼馴染のレイチェル(ケイティ・ホームズ)は
女検事として、孤軍奮闘ながら、懸命に
街を良くしようと戦っていました。

ウェインは街の人が悪と戦うためには、
何かシンボルが必要だと考え、
自らバットマン=シンボルとして、
悪と戦う事を決意する。

c0033213_16302975.jpg

この映画で印象に残ったのは、「復讐」と
「正義」の間で心揺れるウェインの姿でした。
復讐の為に、悪を倒すのは、正義ではないのか?
それは、ただの自己満足なのか?
「マシニスト」では、死ぬほど痩せたベイルだが、
ここではムキムキの筋肉マンです。


脇を固める役者陣が凄い!
ウェインを守り、正しい道へと導く執事に
マイケル・ケイン。
バットマンと共に戦う、不正のない刑事に、
なんとG・オールドマン。
バットマンをさらに強力にする武器や
アイテムを提供する科学部長に
モーガン・フリーマン。

c0033213_1481393.jpg


この映画で一番の悪役にクレイン博士を
演じたキリアン・マーフィ。
彼の注目作は映画「28日後」です(主役ですよ)
そして、「フレード・ランナー」、
「ヒッチャー」の好きな方なら、
ご存知のルドガー・ハウアーも。

T・クルーズの婚約者のケイティ・ホームズも
出るわで、ストーリー以外にも見所満載です。

そして、ラスト近くに明らかになる、
両親を殺した黒幕は誰だったのか?
また続編の悪役が誰が出てくるのか、
これも明かされますよ。
バットモービルも変わりましたよ。
めちゃめちゃカッコいいです。

バットマン誕生に隠された秘密、ぜひ、
映画館で見つけて下さい。

セリフで印象に残るものが出てきます。
ウェインの父の出番はほんの少しですが、
井戸に落ちたウェインを助ける時に、
「なぜ落ちたのか?それは、
這い上がるためにだよ」というセリフがあって、
このセリフがウェインの人生に
大きく影響を与えてきます。

T・バートン版のゴッサム・シティは、
神秘的というか幻想的な感じがありましたが、
このC・ノーラン版では、現実に
ありそうな都市として描かれていると思いましたが、
みなさんはどうでしょうか?
[PR]
by fyamasan | 2005-06-24 16:39 | 映画 | Comments(2)
Commented by もりりん at 2005-06-25 14:09 x
私もバットマンシリーズの中で一番好きやわ~。
(悪役で好きなのは最初のジャック・ニコルソンやけど。)
続編が楽しみです。
C・ベールのマッチョな体ってCG!?って思ったけどほんものなんだよね?
Commented by fyamasan at 2005-06-25 14:15
>もりりんへ

このバットマン良いよね、DVD出たら買おうと思ってます。
CGも殆ど使ってないらしいよ。建物や街など、セットを組んで
実際に作ったとの事。
もちろん、ベイルの体も本物だよ。前作が、究極の痩せ男
だっただけにね。凄いリバウンド?になるんかな!
続編の悪役(トランプの人)は誰がやるんだろうね?
楽しみだわ。


メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

やまさんとは?

映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新の記事

ルパン三世-カリオストロの城
at 2017-01-27 23:57
アイ・イン・ザ・スカイ~世界..
at 2017-01-24 01:54
MILES AHEAD/マイ..
at 2017-01-17 02:06
男はつらいよー続 男はつらいよ
at 2017-01-13 00:02
アイヒマンを追え! ナチスが..
at 2017-01-11 02:14

カテゴリ

全体
映画
料理
読書
その他
スポーツ
音楽
映画制作
ドラマ
ドキュメンタリー
韓国映画
ホラー映画
邦画
ヨーロッパ映画
美術館めぐり
時代劇
B級の館
舞台
午前十時の映画祭
3D

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

★☆★風景写真blog★...
かえるぴょこぴょこ CI...
ヨーロッパ映画を観よう!
ブログ

最新のコメント

ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19

ライフログ

感動、衝撃、絶賛
パリのレストラン

クリクリのいた夏

レント デラックス・コレクターズ・エディション

男たちの宝塚―夢を追った研究生の半世紀

ルイズ―父に貰いし名は

ON THE ROAD“FILMS”

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧