Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

愛しのフリーダ~青春をビートルズと

フリーダ・ケリーという女性をご存知でしょうか?

自称、ビートルズファンの僕も、この人にはついては詳しくは知りませんでした。

17歳で一ファンからビートルズの秘書となり、そのビートルズはデビューをして、
やがて一大ブームを起こしていく。

そして解散へといたるなか、彼女は最も近くにいた一人ということになります。

いわば、自身の青春がビートルズと一緒だった。

ほとんどメディアに露出しなかった彼女が明かしたビートルズとの
日々とは?


c0033213_335075.jpg


内容・


1961年、リバプール。17歳だったフリーダ・ケリーは、
会社の同僚に地元のライブハウス、キャヴァーン・クラブへと誘われる。
そこで彼女を待ち受けていたのは、小さなステージで演奏する
革ジャン姿の4人組バンド、ザ・ビートルズであった。
その独特のサウンドに魅了された彼女は毎日のようにクラブに通い、
メンバーと仲良くなり、その後マネージャーのブライアン・
エプスタインから秘書にならないかと誘われる。
彼の実家でもある家電量販店2階に構えた事務所で仕事に励む中、
バンドは世界的規模で人気を獲得していく。


大きな暴露話はなく、あったとしても墓場までフリーダは持っていく
そんな感じでした。

一人のファンとしての目線があったからこそ、11年ほど
ビートルズの秘書として、働くことが出来たのでしょうかね。

ファンとビートルズを繋ぐ役目をしていたように思えます。

c0033213_3354117.jpg


デビュー前の映像や演奏はとても新鮮で、ビートルズ好きには
たまらない。

まだドラムをリンゴじゃなく、ピートが叩いている。

このピートもなぜリンゴと代わったのか、色々と諸説はありますが。


ビートルズのメンバーとの思い出はもちろん、マネージャーの
ブライアンとの思い出話も興味深かったです。

ビートルズから貰ったものなど色々あったみたいですが、ほとんど
ファンにあげたという、フリーダ。

3箱ぐらいの思い出の品々ありましたが、それだけでもお宝ですね。

あっさりしすぎるぐらいの彼女だから、世界のビートルズの秘書と
なっても、胡散臭い連中と関わることなく、まっとうに生きてこれた
んでしょうかね。

彼女のインタビューを聞くと、彼女の人柄がよく分かり、そんな気しました。

c0033213_3361066.jpg


ビートルズファンの人はもちろんのこと、裏方に徹するということは、
こういうことなのか!と、裏側を知りたい人もぜひとも見て欲しいですね。
[PR]
by fyamasan | 2014-01-23 03:36 | ドキュメンタリー | Comments(0)