Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

我がこころのオルガン~小学教師のキラースマイル

最新作「甘い人生」では、裏・表社会に顔が利き、冷静沈着な
ホテルマネージャーを。
「誰にでも秘密がある」では、3姉妹に恋の手ほどきをするプレイボーイを。
作品によって様々な役柄を演じ分ける、イ・ビョンホン。
今回の役柄は、なんと、田舎の小学校教師。
どんなキラースマイルを見せるのか?

c0033213_1652651.jpg
舞台は1960年代、韓国の地方農村。
そこの小学校に、模範学校を卒業したばかりの、
カン・スハ(イ・ビョンホン)が、もう一人の
女性教師ヤン・ウニ(イ・ミヨン)と共に
赴任してきた。


田舎の農村であり、教育レベルは高くない。
カン先生は新人であり、子供は授業中でも、
喧嘩をするわ、早飯を食うわと
教室は賑やかで、授業どころではない。


時間が経つに連れ、少しづつ、教室に落ち着きが戻ってきた。

c0033213_17765.jpg


このクラスには、17歳だが、家の都合で学校へ通えなかった、
ホンヨン(チョン・ドヨン)がいる。


実はホンヨンにとって、カンとの初対面の時に、カンから「お嬢さん」と言われ、
道を聞かれた時に、恋が芽生え、初恋の人となってしまった。

学校へ通ってなかったせいか、学力はないが、文章力はある。
日記で書く内容は的確で、これにはカンもいつも大笑いしていた。

一方、カンの方は、一緒に赴任してきた、ヤン・ウニに
密かに恋焦がれている。
お互いの趣味が音楽鑑賞であり、LPレコードの貸し借りで、
カンは何とか、ヤンといい関係を築こうとします。

二人の恋模様と共に、季節は過ぎていく。
夏の遠足、秋の運動会、クリスマス会と、色々なイベントが
子供達を楽しくさせる。
そんな中、ヤンがこの学校を辞めて、婚約者とアメリカへ
いくという話が出てきた。
カンとヤンの仲にジェラシーを感じていたホンヨンは大喜び。
カンはそうとは知らずに、自分の気持ちを伝えようと、
手紙を用意していたのだが。

c0033213_17253764.jpg

小学校時代に、経験したことが、様々と思い出されます。
こういうイタズラしたなあ、こういう生徒いたよな。
あの先生、綺麗だったなあ、など見てる人たちの子供時代と
重なってくるように思えます。

二人の恋の結末は気になる所ですが、どうなるのやら?
ホンヨン役を演じたチョン・ドヨンがいい演技です。
実際の年齢は20代半ばだと思いますが、17歳の
小学生の恋こころを見事に演じてます。
有名どころでは、ヨン様の「スキャンダル」にも出てますよ。

ただ、邦画のタイトルにオルガンがつきますが、
実際にオルガンは2度ほどしか登場せず、
オルガンより、LPレコードではないのかと、
いう気もしますが。
[PR]
by fyamasan | 2005-06-29 17:29 | 韓国映画 | Comments(0)