Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

さよなら、アドルフ~14歳の逃避行

映画「さよなら、アドルフ」

c0033213_1515044.jpg


あらすじ・

1945年、敗戦して間もないドイツ。ナチスの幹部だった両親が去り、14歳の少女ローレ
(ザスキア・ローゼンダール)は、妹と弟と共に南ドイツから900キロ離れた
ハンブルクの祖母の家へ向かうことに。途中、貼り出されたホロコーストの写真を見た
ローレは困惑する。翌日、連合軍兵士に呼び止められたローレは
ユダヤ人青年のトーマス(カイ・マリーナ)に助けられ……。


この映画もずしりと胸にのしかかる映画です。

ナチスを題材にした映画は色々あります。
月にナチスが隠れていたという映画もありました。

大体が、被害者側からみたものでした。


c0033213_223256.jpg


この「さよなら、アドルフ」は加害者側からの目線。
しかし、主人公が14歳の女の子なので。加害者というよりも彼女も
被害者ではないかと感じました。

祖母の家にたどり着くまでのロードムービー。

それは14歳の女の子にはとても過酷なものです。

自分が信じていたものが、突然跡形かもなくなる。

ナチスの高官だった父と母は姿を消し、道行く先では、ナチスが犯した罪、
しかも自分の大好きだった父が関与していたような事件もあった。

過酷な旅路で彼女は何を考えて、何を得て、何を失ったんでしょうか?

色々と考えさせられる映画でした。

c0033213_233554.jpg


ただ、ひとつ難点をあげるとすれば、過酷な旅、いや逃避行なのに、
彼女たちの衣装や髪型もすごく綺麗で、実際は本当に汚い格好をして
たのでは?と思います。

映像的、または監督の意図なのか?


見て欲しい映画ですが、特に10代の子供に見てもらいたいですね。


主人公の女の子をはじめ、子供たちはその後、どのような人生を送ったのか?
これもものすごいドラマになりますね。
[PR]
by fyamasan | 2014-02-19 02:03 | ヨーロッパ映画 | Comments(0)