Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

とらわれて夏~ひと夏の5日間が

c0033213_28581.jpg



あらすじ・

9月初めのレイバーデーの連休が迫る、アメリカ東部の閑静な町。
シングルマザーのアデル(ケイト・ウィンスレット)とその息子である13歳のヘンリー
(ガトリン・グリフィス)は、逃亡犯のフランク(ジョシュ・ブローリン)と出くわしてしまう。
絶対に危害は加えることはないという言葉を信じ、アデルは彼を自宅にかくまうことに。
やがて、家や車を修理し、料理を作り、ヘンリーに野球を教えるフランクに安らぎを覚え、
魅了させられていくアデル。そして、人生を大きく変えかねないほどの重大な決意をする。


ひと昔まえのメロドラマのようなタイトル。
どうかなと思いつつも、これも涙なしには見れませんでした。

いや~、切ない。


舞台が1987年のアメリカの田舎町。
現代でないところが、また良かった。

離婚後、傷心のシングルマザーのアデルが突然出会った運命の人。
しかし、彼は逃亡者。

周りの目を気にしながらも、危険と知りつつも、お互いの気持ちは高まっていく。

近所の叔父さんにもらった桃。
量が多すぎて食べきれないと言われて、逃亡者のフランクはパイをつくることを
始めます。

このパイ作りが、アデル、フランク、ヘンリーの3人がはじめて、一緒に何かをしたことに
なり、特にアデルとフランクの手が触れあうことで、一気に二人の恋愛感情が高まる瞬間です。

そして、またこのパイがキーワードになるんですよ。


何かが欠けていた3人。
それぞれ出会うことで、満たされていく日常。

そして、いつしか、この町を出て、輝く未来を夢見るのだが。


なんとか、うまくいってくれ、と願わずにはいられませんでした。

この恋はなんとか叶って欲しいと、スクリーンを見つめてました。


「もし、もう3日間、君と一緒にいられたら、罪が重くなってもいい」

そうアデルに語りかえるフランク。

うつ気味だった母が、フランクに出会うことで、再び、母らしく、女らしく変わっていく。

それをそっと見守る、ひとり息子のヘンリー。

変わっていく母を演じたケイト・ウィンスレット。
息子を演じたガトリン・グリフィス。
そして、逃亡者であるフランクを演じたジョシュ・ブローリン。

繊細で、何かの拍子に壊れてしまうような心情を、表情豊かに演じています。


映画を見終わった後は、あのパイを食べたくなります。

でも、甘いけど、とても切ない気持ちになるんでしょうね。


『とらわれて夏』予告編」
[PR]
by fyamasan | 2014-05-09 02:24 | 映画 | Comments(0)