Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

プリズナーズ~他人事じゃない

c0033213_1265612.jpg



あらすじ・

家族と過ごす感謝祭の日、平穏な田舎町で幼い少女が失踪(しっそう)する。
手掛かりは微々たるもので、警察(ジェイク・ギレンホール)らの捜査は難航。
父親(ヒュー・ジャックマン)は、証拠不十分で釈放された容疑者(ポール・ダノ)の証言に
犯人であると確信し、自らがわが子を救出するためにある策を考えつくが……。


予告編から気になってました。

150分。
内容が内容だけに、見終わったあと、ものすごい疲れが・・・。


日本でのキャッチコピーが、
「この映画、ひと事ではない」

まさに、今、小さな女の子を持つ父親なら、この主人公の気持ちは
痛いほど分かるはずではないでしょうか?


子供の消息が分からなくなる。
見つかるのは早ければ早いほうがいい。
日にちが経てば経つほど、その戻ってくる可能性が減っていく。

手がかりも少なく、気持ちは焦るばかり。
妻はショックでベッドで寝たきりになる。
長男のことも心配。

だが、娘が今、どこにいるのか?
生きているのか?

その心配のあまり、一線を越えてしまう。

復讐に取り付かれる人間のように、消えた娘を捜すために、
すべてを犠牲に、囚われていく、主人公。

この行為は、いき過ぎだろうか?
しかし、あなたが当事者なら、どうだろうか?

賛美両論、色々な意見が出ると思います。

サスペンスの中に、伏線をちりばめて。

日本人には馴染みが少ない、神と悪魔の存在。

娘は?
犯人は?


色々な謎が、少しずつ明らかになり、ラストがまた、憎い。


なかなか租借するのは、大変ですが、見ごたえたっぷりな映画です。


「プリズナーズ」予告編
[PR]
by fyamasan | 2014-05-13 01:42 | 映画 | Comments(0)