Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

夢は牛のお医者さん~夢を追いかけて

c0033213_2243967.jpg



内容・

1987年、新潟県松代町(現・十日町市)の生徒数9人の小学校に3頭の子牛がやって来た。
小学校3年生の少女は病気がちな子牛の面倒を見るうちに、医者になるという夢を抱くように。
牛との別れを経験、高校へ通うために実家を離れた彼女は猛勉強し、大学の獣医学科へと進む。



新聞に批評が載っていたので、見てきました。


いや~、これも涙、涙でしたね…(^^)d


夢に向かって突き進む姿や、それを応援する家族の姿も良かったですね。

日本の家族の元風景のような気がしました。

また、家畜は経済動物なので、出荷額以上にはお金がかけられない。

病気になった時には、お金を一番考えなくてはならない。

動物の命を助ける為に獣医になった。

しかし、酪農家は生活を考えると、生かすよりも殺す事を選択しないといけない。

命を救うための獣医と、現実の生活という厚い壁。

もがきながらも、自分がするべき仕事を彼女はこなしていく。




命を育てること、生かすこと。

そして命を食べること。

動物の命を通じて、命についで問いかけた映画であると思います。

夢を追いかける女の子の笑顔が、また良かったです。


この映画も小学生、中学生に見て貰いたいですね♪o(^o^)o


この予告編がまた、良いんです!


「夢は牛のお医者さん」予告編
[PR]
by fyamasan | 2014-05-24 02:24 | ドキュメンタリー | Comments(0)