Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

メリンダとメリンダ~どちらを選ぶかは

今日は久しぶりに快晴で、暑い一日でしたね。
めちゃめちゃ暑いのも、嫌ですが。

今日はW・アレンの新作「メリンダとメリンダ」を
見てきました。

c0033213_224943.jpg
この映画、話の展開が上手い。
冒頭も、4人の男女がレストランで食事中。
(男3人女一人。男二人は劇作家)
話題は「悲劇」が大事か「喜劇」が大事か。
女性は、そんな話しは意味が無いといい、
もう一人の男は、「そういえば、こういう事は
どうだろうか?」と話を切り出す。
メリンダという女性の話。
これを喜劇作家は、喜劇に、悲劇作家は悲劇に、
俺ならこうすると、順次、話始めていく。

話の始まりは同じで、メリンダがあるアパートにやってくる。
?劇編は、見知らぬ同じアパートの住人宅へ。
?劇編は、幼馴染みの夫婦宅へ。
どちらもお客さんを呼んでの、パーティーの最中。
そこでメリンダの過去の辛い話を聞いて、メリンダを幸せに
しようと、彼氏の紹介を図る。

でも、この彼氏とメリンダをくっつけようとする所から、
微妙な関係が生まれてくる。
しかし、両方ともメリンダは、紹介の相手ではなく、ピアニストと
恋に落ちるのですが。
この映画、メリンダがただ、幸せになるか、不幸になるか、
だけでなくて、周りの人間も不幸になったり、幸せになったりします。
メリンダだけでなく、周りの人間関係も注目ですよ。

c0033213_22323579.jpg

どちらかに出てくるかはいいませんが、写真のこの男性。
(ウィル・フェレル )
かなりおバカなんですが、映画では売れない俳優役やってますが、
アメリカでは大人気のコメディアン。
(日本ではもひとつぱっとしませんが)
ベン・ステラーと共演した「ズーランダー」があります。

c0033213_22444634.jpg
話の随所に劇作家が合いの手入れて、
話を盛り上げます。
話の内容もそうですが、
メリンダや他の女性の
ファッションにも
注目です。

女性なら、女性の視点で、
幸せになるメリンダと
不幸になるメリンダの
ファッションをチェックしてください。
そう見ると、話も納得出来るかも。
[PR]
by fyamasan | 2005-07-06 22:51 | 映画 | Comments(0)