山中貞雄を見ていないのはチト、サビシイ
山中貞雄監督をご存知でしょうか?

小津安二郎がライバル視、黒澤明が「山中貞雄ならどう撮ったのか?」と
常々考えていたという、夭折した天才監督。

もし戦争が無ければ、邦画が違った形で発展していたかもしれません。

20数本映画を撮っていますが、現存するのは3本のみ。

その3本が塚口サンサン劇場で公開中です。


「山中貞雄特集~山中貞雄を見たことがないのは、チト、サビシイ」


「丹下左膳餘話 百萬両の壺」


c0033213_2452363.jpg



内容・

ある小藩に伝わるこけ猿の壺、その壺の中には先祖が隠した百 万両のありかが示されていた。
その壺を巡って、藩主の弟の道場主や父親 を殺された少年、少年を引き取る矢場の
女将など様々な人間ドラマが展開する。


何度見ても、笑えて、そして泣ける。


c0033213_314990.jpg


「河内山宗俊 」

あらすじ・

無為な日々を送る河内山宗俊(河原崎長十郎)と浪人の金子市之丞(中村翫右衛門)にとって、
甘酒売りの少女お浪(原節子)は心和む存在だった。お波は、弟の広太郎の非行に手を焼いていた。
姉の心配をよそに博打に明け暮れる広太郎。ある日、広太郎は侍から小柄を盗み、
質屋に売り払って飲み宗俊の飲み屋に繰り出した。心配したお波が訪ねてくる。広太郎は偽名を
使っていたため、聞かれた宗俊は知らないと答えた。
しかし、お波の心配する様子を見て不憫に思った彼は。探すのを手伝うことにした。
やがて、広太郎の借金の為身売りすることになったお浪を救う為、ヤクザなはぐれもの
河内山宗俊と金子市之丞は、身体をはって立ち向かう!


15歳の原節子のなんとも初々しく、綺麗で純粋なこと。
この娘のためなら、何でもしてやると男は思うはず。

どうにもならない江戸時代のしきたりに、なんとか、この娘は助けたいと奮闘する
河内山宗俊と金子市之丞の熱い男っぷりに、胸が熱くなります。


「人情紙風船」

c0033213_253760.jpg


内容・


長屋暮らしの生活に窮する浪人(河原崎長十郎)と粋な遊び人の新 三(中村翫右衛門)を中心に、
長屋の住人たちの生活をリアルに描いており、 江戸の下町風景の描写も見事で、
物語の運びの巧さと共に、ただの時代劇ではなく、 庶民の時の権力に対する反発と無力感が
見事に描かれていて、当時の世相を浮かびあがらせる深 みのある作品である。



山中貞雄、28歳にして最後の遺作となった。
「人情紙風船が遺作になるとは、チト、サビシイ」との言葉を残し、山中監督は去っていきました。


DVDで500円で買えますので、DVDでも見てもらいたいですが、機会があるなら、
ぜひとも映画館で見てもらいたいですね。

製作時代ゆえ、音声が聞き取りにくい箇所も多々ありますが、それを差し置いても
ストーリー、アクション、展開、演出、どれをとっても素晴らしいです。

日本にこんな監督が、映画があったのかと、驚きも嬉しくなってもらいたいです。


僕もスクリーンでは初めてなので、とても興奮しながら見ています。

もう「人情紙風船」の上映しかないですが、ぜひとも、映画館で見て欲しい映画です。
[PR]
by fyamasan | 2014-06-28 03:00 | 邦画 | Comments(0)

メジャー監督、デビューを目指して!
by fyamasan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
やまさんとは?
映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新のコメント
ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19
検索
ファン
ブログジャンル