Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

円卓 こっこ、ひと夏のイマジン~うっさい、ボケ~!

c0033213_1554860.jpg



あらすじ・

大阪の団地で祖父母と両親、そして三つ子の姉たちと暮らす小学3年生の渦原琴子、
通称こっこ(芦田愛菜)は、大家族の温かな愛情に包まれながらいつも不満だらけで、
孤独に憧れていた。
家と学校という限定された世界の中でいろいろなことに悩み、考えるこっこは、
祖父・石太(平幹二朗)が教えてくれたイマジンという言葉を胸に少しずつ成長していく。



公開後、早めに見てましたが、アップが遅れました・・・。


懐かしさを感じる。
コテコテじゃなくて、ちょっと引いた感じの大阪が、良いなあと。


芦田愛菜ちゃんは、格別でしたが、ぽっさん役の伊藤君始め、子役の子供たちの達者な
演技には、脱帽ですね…(*^^*)


人と違うことが好き、格好いいと感じる。

でも、人の傷みまで気づかなかったこっこが、いまじんを働かして、
人の思いに気づいていく…。

なんか、小学生の頃、ふと孤独や空しさを感じた事を思いだしました。



大阪人の代表格のあの人もチラリと出ています♪o(^o^)o
[PR]
by fyamasan | 2014-07-15 02:13 | 邦画 | Comments(0)