Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

「天国の日々」~さよなら、千里セルシーシアター

続々とシネコンは出来ますが、旧来の映画館は姿を消しつつあります。

今月をもって、千里セルシーシアターが閉館となります。


地理的にもちょっと遠いので、僕も気軽には行けてませんでしたが、
映画館が無くなることは、ほんとうにサビシイ限りです。

名作上映会のようなラインナップですが、僕は、「オペラ座の怪人」と
「天国の日々」を見ました。

特に「天国の日々」はスクリーンで見るのが、初めてだったので、めちゃめちゃ
嬉しかったです。

c0033213_225471.jpg




もはや生きるレジェンドとしている、テレンス・マリックの監督第2作。

若き日のサム・シェパード,リチャード・ギア。

年を重ねても渋さが出ていますが、若いころは、もちろんカッコ良すぎるぐらいですね。


あらすじ・


第一次世界大戦が始まって間もない頃、ビルは妹のリンダと恋人のアビーと共に、
シカゴの貧しい生活から逃げ出してきた。ビルたちは麦刈り人として雇われるが、
妹と偽っている恋人のアビーが金持ちの農場主に気に入られていることを知る。


ストーリー、云々よりも、噂にたがわぬ映像美にやはり、こころ奪われます。
トリフォーの「恋のエチュード」や「クレイマー、クレイマー」の撮影もした、
撮影監督のアルメンドロス。

それに音楽がエンリオ・モリコーネですからね。
最強じゃないですか!

男前二人の、なんともやるせない恋する男の顔も、また良いです!


映画館のスクリーンで見れて、ほんと、良かったです!


まだ、31日まで、作品は変わりつつ上映していますので、ぜひとも、足を運んでください。


c0033213_1523119.jpg


1972年に開館で、ちょうど、僕が生まれた年じゃないですか。

余計に、閉館はしんみり来ちゃいますね。


ありがとう!、千里セルシーシアター!
[PR]
by fyamasan | 2014-08-28 01:38 | 映画 | Comments(0)