Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

カナザワ映画祭~爆音キューブリック!

c0033213_1620082.jpg



先週末になりますが、連休を利用して、石川県、金沢に行きました。

先月は福井に行ったばかりで、ちょっと北陸三昧な感じですね。

お目当ては「カナザワ映画祭での爆音上映会。

キューブリック監督の「シャイニング」と「フルメタル・ジャケット」見てきました。



「シャイニング」


1980年/アメリカ/143min/ビスタ/英語・日本語字幕
監督・脚本:スタンリー・キューブリック
原作:スティーブン・キング
出演:ジャック・ニコルソン、シェリー・デュバル

人里離れたホテルで一冬を管理人として過ごすことになった一家三人。小説家志望の父親が狂いだし、家族を襲い始める……。そのホテルには悪霊が犇めいていたのだった……。双子の少女、腐乱する老婆、廊下に溢れ出す血、神経症的なシェリー・デュバルの顔、発狂したジャック・ニコルソンの顔、リゲティの不協和音。神経を逆撫でる音響やイメージが観客に襲いかかる!


もう30年以上前の映画になるんですね。
しかし、古びない。

通常は119分の尺なんですが、今回は何かの間違いらしく、ロング版の140分。
なかなか見れないバージョンです。


「シャイニング」は狂気に取り付かれたニコルソンが有名ですが、音が、非常に効果的に使われて
いました。

爆音で再確認しましたが、この神経を逆なでるような電子音が、実に恐怖を増幅させています。

DVDで家で見ていても、この効果は薄いだろうなあと、爆音を聞きながら感じました。



c0033213_1622132.jpg



この「フルメタル・ジャケット」は僕が最初に見たキューブリックの映画です。
「プラトーン」から始まったベトナム戦争映画ブームで、ついにキューブリックも作ったかと。
中3の受験の時期でしたね。


1987年/アメリカ/117min/ビスタ/英語・日本語字幕
監督:スタンリー・キューブリック
音楽:ヴィヴィアン・キューブリック
出演:マシュー・モディーン、リー・アーメイ、アダム・ボールドウィン、ビンセント・ドノフリオ

「目玉えぐって頭蓋骨マンコしてやる!」……アメリカ海兵隊が、ベトナム戦争へ
向かう新兵に求めたものとは...どんな馬鹿げた命令にも無言で従う殺人マシーン
“BORN TO KILL"となることだった。
血で血を洗う殺戮の戦場で人間らしさは何の役にも立たなかったのだ。


善も悪もいない、そこには兵士だけがいる。
人間性を完全に失った者もいれば、かろうじて踏みとどまる者もいる。

爆音で聞く、銃撃戦以上に、兵士の声のリアルさに戦争の怖さが身に迫ってきます。



ちょうど、金沢では、Kanazawa jazz street をやっていましたので、気軽に
見て聞いて、楽しみました。

兼六園、金沢21世紀美術館にも足を運びました。

海鮮も美味しかったですね。


秋は紅葉も綺麗な感じなので、また、行きたいですね。
[PR]
by fyamasan | 2014-09-18 16:12 | 映画 | Comments(0)