Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

市川雷蔵祭~「初恋」

またまた更新できてませんでした(^-^)

映画は見ているのですが、なかなか頻繁には書けていませんね。

ぜひとも、大阪にお住まいの皆さんに見てもらいたい映画祭りがあります。

テアトル梅田で開催中の「雷蔵祭り~初恋」です。

もう前半は終わりましたが、後半は始まったところです。
(11月7日まで開催)



c0033213_485750.png


ここ何年間で結構定期的に雷蔵の映画祭はやっています。
その度に、色々な雷蔵の映画を見ています。

雷蔵といえば、「眠狂四郎」に代表されるように、ニヒルで、クールな役者という
イメージがあると思うのです。

確かに、雷蔵って、めちゃめちゃカッコよいんですが、僕は時代劇の股旅物と呼ばれる
笑えるコメディタッチの雷蔵が好きなんです。

これこそが、雷蔵の真骨頂じゃないかと、自分では考えています。

ラインナップにもあります、「江戸へ百七十里」も好きな股旅物ですし、
井原西鶴の「好色一代男」や橋幸夫も出ている「おけさ唄えば」もそうです。

ただ、笑えるだけではなく、声高ではないですが、お上や権力への批判もうまい具合に
描かれているのが、すごいところですね。

スケジュールはこちら


c0033213_4184033.png



今回は初のデジタル化の映画もありますので、まずは雷蔵の映画を一本見てもらいたいです。

それで、気に入ってもらえたら、どんどん雷蔵の映画、見て欲しいですね。

雷蔵のライバルでもあった勝新太郎や中村玉緒、若村文子、淡路恵子、藤村志保、
小川真由美など往年の映画スターがずらりと出ています。

こちらも楽しみです。
[PR]
by fyamasan | 2014-10-22 03:49 | 邦画 | Comments(0)