Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

パンチドランク・ラブ~鮮やかな色使い

「マグノリア」などで、多くのファンを獲得した監督、
P・トーマス・アンダーソン。
50回目のファーストキス」は好評だが、イマイチ
日本でブレイクしない、アダム・サンドラー。
この二人が手を組んだ、不思議なラブストーリーが、
「パンチドランク・ラブ」。

c0033213_1456944.jpg

8人兄弟の末っ子で、しかも上の7人が全部、姉という、
主人公のバリー(A・サンドラー)。
シャイで恋には不器用。
中々自分を素直に表す事が出来ずに、何かに切れては、物を壊す毎日。

そんな彼に一目ぼれしたのが、リナ(E・ワトソン)。
彼女は7人いる姉の内の一人の同僚で、家族写真を見て、
バリーが気に入り、紹介してもらった。
また彼女はバツ一。

バリーは、友人と二人で会社を作り、事業家としての顔がある。
これもどうかなと思うのだが、トイレの詰まりを直す吸盤棒を
売る仕事をしている。

c0033213_15104765.jpg


最近の彼がはまっているのは、マイレージを貯める事。
航空会社と食品会社が共同して、キャンペーンをしている。
対象の商品と買えば、マイレージが貯まる。
上の写真もスーパーで嬉しそうに、対象商品のプリンを
買っている。これも、超大量に。
目指せ、125万マイレージ(一生涯、飛行機乗り放題)

また、バリーは寂しさの余り、テレホンサービスに電話した。
この事が、のちのち厄介なトラブルになっていく。

c0033213_15164423.jpg

何とかリナとのデートも重ねるうちに、自然と打ち解けていき、
バリーは、リナを運命の人と思いはじめていく。

しかし、幸せはそんなに上手く、進んでいかないんですね。
先ほどの、テレホンサービスの悪質グループが、
バリーにお金を脅迫してくる。
そして、バリーとリナを乗せた車に、衝突し、リナは怪我を
負ってしまった。
バリーは切れて、テレホンサービスの本社まで押しかけるが。

さあ、不器用な、よく切れる男の恋物語、どういう結末を迎えるのか?

この映画の面白い所は、色の使い方でしょうかね。
バリーはいつも、ブルーのスーツ。
リナはピンクか赤の服装。
映画の所々に出てくる、ブルーの光の線。
場面が入れ替わる毎に出てくる、虹の映像。

何ともロマンティックな演出です。

物語と並行して、色にも注意を向けると、また
違った映画の見方が出来るかもしれないですよ。
[PR]
Commented by SHOKO at 2005-07-20 13:47 x
おっアダムサンドラー!今彼の魅力を模索中の私としてはぜひともこれも見なくてはなりませんねぇ。WOWWOWで放映されていたような気がするので録画してみます。ブログにも書いたんですがNY式ハッピーセラピーはあんまり楽しめなかったので・・・。「パンチドランクラブ」はぜひ色に注目しながら鑑賞してみたいと思います。
Commented by fyamasan at 2005-07-20 14:20
>SHOKOさんへ

A・サンドラーの映画も色々あるので、何を見るか迷いますね。
僕は「ウォーター・ボーイ」が最高だと思ってます。
DVDあるので、また持って行きますね。
by fyamasan | 2005-07-19 15:28 | 映画 | Comments(2)