Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

パリよ、永遠に~隠れた史実に

c0033213_1574257.jpg


あらすじ・


ナチス・ドイツ占領下のパリで、パリ防衛司令官コルティッツ(ニエル・アレストリュプ)は、
アドルフ・ヒトラーの命を受け、ノートルダム大聖堂などの世界的な建築物を
破壊する計画を立てていた。
スウェーデン総領事のノルドリンク(アンドレ・デュソリエ)は、破壊を
止めさせようとコルティッツを訪問する。



元々は舞台劇というだけあって、ドイツ人将軍の部屋での話がメイン。

破壊を何とか止めさせようとするスェーデンの外交官と、家族を人質に
取られて、命令を遂行せざるを得ない将軍。

迫ってくる連合国軍。
刻々と不利に変わる戦況。


大事な家族をとるか、名誉あるパリを守る選択をするかで、揺れる将軍。

あの手この手で、将軍を説得しようとする外交官。

この二人のやり取りが、見ていて非常にスリリングで、結末は分かっているものの、
どう展開するか、ハラハラドキドキでしたね。

終戦前夜にこんなドラマがあったとは。

エンドロールのその後の史実が、また、胸を打ちます。
[PR]
by fyamasan | 2015-04-13 01:58 | ヨーロッパ映画 | Comments(0)