Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

ビリギャル~学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

c0033213_23272086.jpg



あらすじ・


ストーリー:名古屋の女子高に通うお気楽女子高生のさやか(有村架純)は
全く勉強せず、毎日友人たちと遊んで暮らしていた。
今の状態では大学への内部進学すらままならないと案じた母は、さやかに
塾に通うよう言いつける。彼女は金髪パーマにピアス、厚化粧にミニスカートの
へそ出しルックで渋々入塾面接に行き、教師の坪田と出会う。




結末が分かっている物語は、どう味付けするかが、
脚本家や監督のみせどころと思います。

このビリギャルも慶應に受かるのは分かっていますが、
どう展開するのか、気になってました。

先生の存在が確かに重要ですが、母親の存在が一番大きかったように、
思います。

ビリギャルの奮闘記ですが、家族の物語として、まとめているのが、
良かったですね。

自然に涙、こぼれて来ました。

「ダメな生徒なんかいない、ダメな先生がいるだけだ」、のセリフには、
胸が痛かったです…( ・∇・)


個別が子別となっていましたね。
子によって変わるんだよということでしょうね。


キャスティングも良かったですね。
[PR]
by fyamasan | 2015-05-01 23:28 | 邦画 | Comments(0)