Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

チーム・アメリカ~ワールド・ポリス~   ありえね~、過激さ

正直、この映画を見て、ここまでやってくれると
拍手を送りたい、そんな感想を持つ。
日本公開が待ち遠しかった。

映画「チーム・アメリカ~ワールド・ポリス」

c0033213_134339.jpg


世界の平和を守る為に、今日も世界を狭しと
働くチームアメリカの面々。

フランスのパリで、アラブ人と見るや、
「このアルカイダの野郎~」とばかりに、
銃撃で相手を撃ち殺し、エッフェル塔や凱旋門、
ルーブル美術館の破壊など、なんの迷いもなし。
敵を倒せば、世界は平和、皆が喜ぶと信じてる、
なんともトホホな人たち。

c0033213_1405446.jpg

そんなチームアメリカにある情報が入ってきた。
エジプトで、テロリスト達が集まり、テロの
計画と大量破壊兵器についての話し合いが
あるという。

そこで、チームアメリカは、新人の俳優、
ゲイリーを使い、アラブ人に変装させて、
敵のアジトに侵入、見事にテロリスト一味を
壊滅させた。
喜びに浸る面々だが、ゲイリーは心の傷が
癒せずに、チームを去る。

そして、この事件の報復を狙って、黒幕が
大きなテロ計画を立てる。
この黒幕こそが、北朝鮮のドン、
キム・ジョン・イル。
キムは有名俳優を使い、世界をテロの恐怖に
陥れようとしていた。

キムはアラブのテロリストと手を組み、
チームアメリカ本部を襲撃し、面々を
北朝鮮に拉致した。
これを知ったゲイリーは、捨て身の覚悟で、
北朝鮮に乗り込んでいく。

果たして、ゲイリー&チームアメリカの面々は
世界を救えるのか?

過激なアニメ「サウス・パークス」のスタッフが、
アニメではなく、人形を使い、この映画を、
かなりの予算で作ってしまった。

映画に出てくる、人形、キム・ジョン・イルや
ショーン・ペン、M・ムーアなど、顔の特徴を捉えて、
めちゃめちゃ似てる。

c0033213_223398.jpg

特に、全米映画協会の会長の
A・ボールドウィンへの辛らつな攻撃は凄い。
ここまでやっていいの?と。
またマット・デイモンはタダのアホな扱いに。

人形の男女による無修正のSEXシーンや、
放送禁止用語、下ネタ満載なので、ここらが
苦手な人(特に女性)は、かなり退いてしまうかも。

でも、そんな事を吹き飛ばす、パワーと過激さが、
この映画にはある。
貴方の脳を強烈に揺り動かしてくれるはず。

また、歌が最高の出来。
これを聞かずにして、この夏は終われない。

最高だが、最低だ!
しかし、見なきゃ損をするぞ~!
[PR]
by fyamasan | 2005-08-02 02:09 | 映画 | Comments(0)