Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

海街diary~季節の移ろいと共に

c0033213_4231845.jpg


あらすじ・

鎌倉で暮らす、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)。
そんな彼女たちのもとに、15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届く。
葬儀が執り行われる山形へと向かった三人は、そこで父とほかの女性の間に
生まれた異母妹すず(広瀬すず)と対面する。
身寄りがいなくなった今後の生活を前にしながらも、気丈かつ毅然と振る舞おうとするすず。
その姿を見た幸は、彼女に鎌倉で自分たちと一緒に暮らさないかと持ち掛ける。
こうして鎌倉での生活がスタートするが……。





シネコンのでかいスクリーンで、是枝監督作品を見るのも、何か不思議な感じですね。

タイトル通りの4姉妹のダイアリー。

日常を淡々と描きます。


この辺りがシナリオ的には、スケッチ風と思われるんでしょうかね。

まあ、普通に暮らしてたら、ドラマにあるような展開はないですからね。

日常を丁寧に描くことで、ふとした会話、行動から色々なものが見えてくる。


僕はこの姉妹が大切にしている梅酒に、時の流れの大切さを感じ取りました。
年月を重ねるごとに熟成されていく味わい。

人柄、人間性もそうなのかなあ?と。



普段は買わないパンフを買い、是枝監督の考えを知る。

冒頭のシーンの意味。
4姉妹がそれぞれの居場所を求めての物語なんだと。




テレビドラマ「最後から2番目の恋」も鎌倉が舞台でしたが、この映画見て、
ますます鎌倉に住みたくなりました♪
[PR]
by fyamasan | 2015-06-28 04:27 | 邦画 | Comments(0)