Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

チャイルド44~何がテーマなのか?

c0033213_345241.jpg



あらすじ・

スターリン政権下にある1953年のソ連。9歳から14歳までの子供たちが変死体となって
発見される事件が発生する。現場は山間の線路沿いに限定され、全ての被害者は裸で
胃が摘出されており、直接の死因は溺死であった。
秘密警察の捜査官レオ(トム・ハーディ)は、親友の息子が犠牲となったことから
捜査に乗り出すことに。だが、それを契機に元同僚に追われ、妻ライーサ
(ノオミ・ラパス)にいわれのない犯罪の容疑が掛けられてしまう。
窮地に立たされる状況で、
真相をつかもうとする彼だが……。



原作は有名なミステリーらしいですが、何も情報もなく見て来ました…(*^^*)

一言で言うと、分からん…映画でした。

ミステリーには、観客をミスリードしていく展開はありますが、これはミスリードどころか、
全く話しが違う。


森に消えた話しではなく、既に殺されている。

スターリン体制の冷酷な管理国家なのは、恐ろしさを感じるが、これは
何を伝える映画なのか?

話しの展開は複雑だけど、ミステリーと呼ぶには安易な解決。

登場人物の心理描写も今一つ見ている者には伝わらず…(*^^*)

一番残念なのは、ソ連が舞台なのに、皆、英語を喋っている事。

ビジネスとしては、仕方ないのかもしれませんがね…(-)_(-)

管理社会の怖さは十分伝わりましたが…残念な映画でした
[PR]
by fyamasan | 2015-07-09 03:05 | 映画 | Comments(0)