Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

フットルースからマッド・マックスまで、80’s万歳!

もう上映は終わってしまいましたが(たった1日や1週間は短すぎますね)

心斎橋で1日1回限定で、「フットルース」の上映。

そして、1週間の限定で、塚口サンサン劇場で、「マッド・マックス1,2」の上映がありました。


共に、リアルタイムでは、劇場で見逃しているので、楽しみでした。


c0033213_356618.jpg



あらすじ・


アメリカのとある小さな町に都会から転校してきたレン。
その町では、数年前に起こった事故が原因でダンスが禁じられていた。
厳しい規律に憤りを覚えた彼は、自分たちの自由を取り戻すべく仲間を
集めてダンスパーティを企画するが……。


アラフォー世代以降には、青春時代の懐かしさがめちゃめちゃ詰まっている
映画ではないでしょうかね。


今や性格俳優として、映画、ドラマと大活躍のケビン・ベーコン主演。
「フットルース」と聞けば、イコール、音楽(サントラ)も話題となりました。

「ヒーロー」や「ネバー」など、80年代は、洋楽のカバー曲、流行りましたよね。
ケニー・ロギンスが歌う、主題歌は聞くだけで、踊りたくなりますね。

最後のダンス・パーティーに向けて、ひとつになるところが、見ていて、ほほえましい。

サラ・ジェシカ・パーカーが出ていたのには、ちょっとびっくりしました。
めちゃキュート。

リメイク版もあるので、こちらはDVDで見たいですね。

オリジナル、リメイク版の同時上映も願いますが。


c0033213_4838100.jpg



続いて、「マッド・マックス1,2」

あらすじ・


「1」は凶悪な暴走族の暴行殺人が多発する数年後の近未来。
相棒の死を きっかけに警察を引退したマックスは家族と休養の旅に出る。
ところが旅先でトッカーター率いる暴走族グループに、最愛の、妻子を殺されてしまう。
復讐心に 燃えるマックスは、暴走族用
に開発された追跡専用パトカー(インターセプター)を駆って、
たった一人で壮絶な闘いを仕掛けていく!


「2」は家族を失ったマックスは、最強マシン(インターセプター) とともにガソリンを
求めて彷徨っていた。
中東戦争の勃発で石油が貴重品となり、各地で壮絶な奪い合いが続発している。
やがてマックスは製油基地を守る人々 と
暴走族の抗争に遭遇。ガソリンを条件に別天地への脱出を頼まれ、
再び暴走族との孤独なハードバトルに挑んでいく。


今年、公開された「マッド・マックス~怒りのフューリー・ロード」は、今年の僕のベスト1ですが、
久しぶりに見た「マッド・マックス1,2」は、やはりすごいなあと。

「1」は自主映画のにおいがプンプンしますが、荒削りなところが、マックスのキャラとあっていて、
ぐいぐい引き込まれますね。

そして、「2」は製作が1981年ということで、この時代で、このアクションをしていたのか!と
あらためて、監督のジョージ・ミラーに最敬礼ですね。

最新作を見ると、アクション、や映像は落ちますが、そのスピリットはぐぐっと胸にきますね。

映画館で見れて堪能しましたが、何度と無くスクリーンで見たい映画なので、もっと
上映の回数が増えてほしいですね。
[PR]
Commented by ジョニーA at 2015-08-26 23:22 x
マイブログに、リンク&引用、貼らせてもらいました
不都合あればお知らせください
宜しくお願いします!
やはり大スクリーンで観るのと、DVD鑑賞とは雲泥の
差ですよね~~~~。
Commented by fyamasan at 2015-08-31 02:27
ジョニーAさん

コメント&トラックバックありがとうございます。
塚口サンサン、僕が見た回は意外と女性が多くて、ちょっとびっくりしました。また、劇場のスクリーンで「マッド・マックス」見たいですね。次は「3」もしてほしいです。
by fyamasan | 2015-08-25 04:22 | 映画 | Comments(2)