星になった少年~涙がポロポロと、泣きました

c0033213_1673517.jpg
「誰も知らない」存在から、
誰もが知ってる、時の人と
なってしまった、柳楽優弥君主演の
映画「星になった少年」を見てきました。




両親が経営する動物プロダクション(動物ランドみたいな所)で、
毎日、動物達と暮らす哲夢は元気な中学生。
学校では、動物くさいと苛められても、この動物達と
暮らしていると、気分は晴れてくる。

家族は祖母と哲夢も含めて4人の子供と、かなりの
大所帯であり、家計はかなり厳しいのが、現状。

そんな中、母の佐緒里(常盤貴子)が一大決心をした。
TV番組のレギュラー獲得と、自分の夢の実現を兼ねた、
象を飼う事に踏み切った。
初めて象(ミッキー)を身近でみた哲夢は、象に触れている
うちに、象と会話が出来るようになった。
「そんな馬鹿な」と信じない両親だが、反面羨ましくもあった。

次に小象(ランディ)が来たのだが、調教されてないので、
中々なつかない。
そんな時、タイに象使いになる学校があると聞いた哲夢は、
自分が象使いになって、象の世話をしようと、母に直談判。
しぶしぶながら、了承され、哲夢は単身、タイに旅立つ。

c0033213_1621830.jpg

学校では、母象から引き離された小象にいちから仕込んでいく。
最初の頃は、なかなか上手くいかず、言葉も通じない、食べ物も
異なる異国の地で、寂しさ募る毎日であった。
担当となった、「ファー」という名の小象と少しずつ分かり合い
始めて、仲間とも親しくなってきた。
ようやく象使いの一員になれた気がした。

約2年学んだ哲夢は、家族の元に帰ってくる。
まだまだ子供扱いする両親と、精神的にたくましくなった
哲夢の間で、度々、意見の衝突が起こるようになる。
(どの家族でも見られる風景ですが、この場合は
哲夢の成長が早すぎたかもしれない)

c0033213_1636537.jpg

素敵な彼女も出来て、日本初の象によるショーも
スタートさせた哲夢。
すべては、これからという時に、悲劇は訪れる。
引退した象がゆっくり出来るランドを作りたい、
その哲夢の夢を残しつつ。

実話を元にした話なので、主人公がどうなるのかも
分かっていましたが、やはり涙が出てきました。
さらに、哲夢がなぜ、そこまで象にこだわったのか、
その真相が分かると、またまた涙です。

夏休みとあって、家族連れが多かったです。
僕の隣はおばあちゃんで孫を連れての鑑賞。
字幕が出たり、孫が分からない所は、おばあちゃんが
説明してました。
何とも微笑ましい光景です。

鳴き声ひとつで、お互いを理解し合える象に対して、
言葉以外にも多くの、コミュニケーションツールがあるのに、
分かり合えない、分かり合おうとしない、人間の
ちっぽけさに、心が痛みました。
[PR]
by fyamasan | 2005-08-12 16:38 | 映画 | Comments(4)
Commented by iiyan at 2005-08-12 19:39 x
これはいいですね。見たい気もするがスターウォーズもすてがたい。
間違いなく泣けそうですね。こういう映画に弱いから。見たい。
Commented by yamasan at 2005-08-13 02:05 x
>iiyanさんへ

ぜひ、子供さんと一緒に見て下さい。象を好きになって、興味を持つと
思いますよ。
泣くならこの映画ですが、「スター・ウォーズ」も気になりますね。
Commented by iiyan at 2005-08-13 16:15 x
実は昨日行ってきました。スターウォーズを見ましたよ。大迫力でしたよ。観客も満員でした。すごい出来でしたよ。良かったです。謎もつながりました。納得です。ひさしぶりの映画館でした。大画面はいいですね。
Commented by fyamasan at 2005-08-15 00:09
> iiyan さんへ

「SW」見たんですね。
やはり映画館の大画面で見ないとね。感動も違いますし。
何か話では、来年あたり、エピソード4の3Dヴァージョンが
出るらしいですよ。
これも、気になりますね。「SW」はまだまだ終わらない!


メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

やまさんとは?

映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新の記事

ルパン三世-カリオストロの城
at 2017-01-27 23:57
アイ・イン・ザ・スカイ~世界..
at 2017-01-24 01:54
MILES AHEAD/マイ..
at 2017-01-17 02:06
男はつらいよー続 男はつらいよ
at 2017-01-13 00:02
アイヒマンを追え! ナチスが..
at 2017-01-11 02:14

カテゴリ

全体
映画
料理
読書
その他
スポーツ
音楽
映画制作
ドラマ
ドキュメンタリー
韓国映画
ホラー映画
邦画
ヨーロッパ映画
美術館めぐり
時代劇
B級の館
舞台
午前十時の映画祭
3D

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

★☆★風景写真blog★...
かえるぴょこぴょこ CI...
ヨーロッパ映画を観よう!
ブログ

最新のコメント

ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19

ライフログ

感動、衝撃、絶賛
パリのレストラン

クリクリのいた夏

レント デラックス・コレクターズ・エディション

男たちの宝塚―夢を追った研究生の半世紀

ルイズ―父に貰いし名は

ON THE ROAD“FILMS”

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧