Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

ブラウン・シュガー~黒人版、「恋人たちの予感」

男と女の友情ってあるのだろうか?
そんな疑問に対する、1つの答えとして、
映画「恋人たちの予感」があるが、
男女が幼友達だったらどうなるんだろうか?

恋人以上にその人の事を知っているが、
友達以上の恋人未満の二人。
境界線はどこなんでしょうか?

c0033213_0333695.jpg
映画「ブラウン・シュガー」の舞台はNY。
NYのブルックリンで、共に育った
シドニーと、ドレイ(テイ・ディグス)。
幼少期に、ヒップホップを聞き、ヒップホップと
共に成長してきた二人。
シドニーは音楽雑誌のライター兼編集長。
ドレイはレコード会社のプロデューサーに。

物語は、シドニーがLAから故郷ブルックリンへ、
雑誌の新編集者として、戻ってきた所から始まる。

c0033213_116107.jpg

パーティで、久しぶりの再会に喜ぶ二人。
ドレイは最近知り合ったが、運命の人と思う、リースを紹介し、結婚を報告。
だが、二人とも何故か、お互いが気になりだしていた。

そして、ドレイの結婚前夜、成り行きで、ドレイはシドニーと
濃厚なキスを交わしてしまう。
お互いの気持ちを知ってしまうが、もうどうする事も出来ない。


翌日、ドレイはリースと結婚。
シドニーは複雑な気持ちで、式を見ていた。

自分の売りたくないアーティストを宣伝する事に、うんざりしていた
ドレイは、思い切って会社を辞め、自分でレコード会社を作ることにした。
そして、最初に相談したのが、シドニーだった。
シドニーは、ドレイの心意気を買い、資本金の援助まで申し込んだ。
ところが、先に妻に相談せずに、シドニーに相談したのが、
癇に障ったのは、リース。
この事で、夫婦仲はギクシャクしてしまう。
シドニーはインタビューの仕事で会った、NBAの選手と
意気投合して、彼からプロポーズされてしまう。

c0033213_1191327.jpg

お互いの気持ちとは裏腹に、距離が遠くなっていく二人。
このまま、ドレイはリースと結婚生活を。
シドニーはNBAの彼と結婚してしまうのだろか?
幼友達の恋の行方は、どうなるのやら!

冒頭で、懐かしのデ・ラ・ソウルや有名なHIP HOPの
MCたちが、自分のHIP HOPとの出会いなどを語る。
これは、HIP HOP好きには、たまらないと思う。

そして、シドニーがインタビューでいつも最初に聞く質問、
「貴方がHIP HOPに恋したのはいつですか?」で、
シドニー自身の思いを語りだす。

この質問が映画のクライマックスに重要になってきますので。

HIP HOPへの思いと、愛する人への思いを重ねた、
何ともおしゃれなラズストーリーに仕上がっています。

シドニーを演じるサナ・レイサンはあの「エイリアンVSプレデター」で、
S・ウィーバーに変わるヒロインを演じた女優さんですが、
今作では、素敵な恋に揺れる女性を演じています。

幼友達の、男女の友情&愛情って、貴方はどう思いますか?
[PR]
Commented by emi at 2006-01-06 14:13 x
こんちは。
コメントどうもありがとうございます!!^^

When'd U fall in love with HIPHOP

私はNYに初めて行った時かな
Brooklynに1ヶ月遊びに行ったんだけど
(それが私の初めての海外旅行)
それまで外人っていうと白人しか自分の頭になくって
ラテン系とか黒人ってどんなのか全然想像してもあまりつかめなくって

で、NYにいってみて黒人ってむっちゃかっこいい!!って思いました
(ビジュアル的に正直驚かされたことの方がおおかったです)

んで そん時向こうで流行ってた I need girl PD feat. Usher
の music video見たときにむっちゃかこいい
何コレ!?って感じで はまったかな
で 日本帰ってけっこうBLACK MOVIESをみたりもしました
(だけど 黒人社会ってやはりいろんな歴史があって古いので
人種差別とか社会的なテーマってどうも自分が映画の中に入り込めないことがあります)

また遊びに行きます^^v & 遊びに来てくださいね^^v
Commented by ハーレー at 2008-01-20 16:15 x
何度繰り返し見ました。
ともかくストーリーもさる事ながら、着こなしがカッコいい!
Commented by fyamasan at 2008-02-03 06:35
ハーレーさんへ

コメントありがとうございます。
遅くなりすいません。
ですよね、全体的にオシャレですよね。
あの着こなしは真似したいですね。
by fyamasan | 2005-08-16 01:26 | 映画 | Comments(3)