Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

中古ロボッツの意地

夏休み、お盆も最終日?とあって、映画館は
家族連れが多く、子供が映画館を騒ぎ回ってました。

僕も子供がいたら、必ず子供を連れて見たはず、
映画「ロボッツ」
(吹き替えで見ましたが、意外とすんなり見れましたよ)

c0033213_0532550.jpg

貧しいながらも、両親の暖かい愛に包まれて育った
主人公のロドニーは、あるパレードで、発明王の
ビッグウェルド博士のメッセージ、
「外見が何で作られていても、誰もが輝くことができる」に、
感動して、将来、彼のような発明家になり、両親が楽に
暮らせるように、頑張ろうと、心に決めた。

発明好きな青年になり、両親の声援を受け、ビッグウェルド博士の
いる、大都会ロボット・シティへ旅立つ。

小さな田舎町から出てきたロドニーにとって、大都会は
見るもの、聞くもの、全てが新しくもあり、無限の可能性を
感じさせる場所であった。
偶然に、中古部品で作られたロボッツの集団、
ラスティーズに出会い、彼らと友達になっていく。
c0033213_133351.jpg

そして、意気揚々と、ビッグウェルドの会社に行った
ロドニーは意外な事実に出会う。
あの憧れのビッグウェルドは経営権をラチェットに渡し、
もう自分は用済みだとして、家に引きこもり、ドミノ倒しに
夢中になっている有様。

そのラチェットは実母の悪知恵もあり、全てのロボットの
アップグレード化により、莫大な利益を得ようとし、
中古部品で出来たロボッツをスクラップにしようと、
計画&実行に移していた。

一度は、ビッグウェルドの姿に幻滅し、故郷へ帰ろうと
考えたが、ロドニーは、ラチェットの思い通りに
させてなるものかと、ラスティーズたちと、手を合わせ、
ラチェット一味に戦いを挑んでいく。
何でも新しいのがいいと思うな!
中古の、リサイクルの素晴らしさを知れ!とばかりに。

c0033213_1234259.jpg

中古部品で出来た彼らに、アップグレードしたラチェット一味を、
やっつける事は出来るのか?
そして、理想を失ったビッグウェルドは、再び、元の彼に
戻れるのか?

手に汗握る、ロボッツの戦いが、今、始まった!

ロボッツの声優陣も豪華である。
ユアン・マクレガー、ハル・ベリー、ロビン・ウィリアムズが
本家なら、日本語吹き替えは、
草彅剛、矢田亜希子、山寺宏一と、吹き替えもそうそうたる
メンバーである。

CGとは思えないリアルなロボット達の動き。
そして、 ビッグウェルドのメッセージもいいが、
ロドニーの父が、ロドニーに告げるセリフが
また、良い。(映画館で確認してください)
この子にして、この父ありという感じの、理想の父子ですね。

子供だけには見せておくのは、もったいないですよ。
[PR]
Commented by まずまず at 2005-08-17 10:29 x
私も吹き替えで観ましたので画に集中できました。皿洗いのシーンでの早回しやパチンコ玉(?)が床を転がるシーンの技術はすごいなぁと思いました。一方、吹き替えた草●、矢●さんの感情のこもってない「声」が残念でした。悪逆ばばぁ(造形は絶対にバルタン星人をパクッテいるし(怒)、最後のシーンは「ファンタジア2000」のすずの兵隊だなぁ(呆))を演じた青野武さんを筆頭に、本物の声優さんの上手さを再確認した一本でした。
Commented by fyamasan at 2005-08-18 03:21
>まずまずさんへ

僕は吹き替えが苦手だったのですが、これはすんなり見れました。
CGの技術は凄かったですね。
声優さんの声優魂見せてもらった感じですね。
コメント、有難うございました。
by fyamasan | 2005-08-17 01:24 | 映画 | Comments(2)