Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

ヒメアノ~ル・・・優しさと怖さの極限に


c0033213_158423.jpg

あらすじ・

普通の生活に焦燥感を抱くビル清掃会社のパートタイマー岡田(濱田岳)は、
同僚からカフェの店員ユカ(佐津川愛美)との恋の橋渡し役を頼まれる。
彼女が働くカフェへと足を運んだ岡田は、高校時代の同級生・森田(森田剛)と再会。
ユカから森田につけ狙われ、ストーキングに悩まされていると相談された岡田は、
森田がかつていじめられていたことを思い出し、不安になるが……。


イヤ~、ガツンと頭打たれましたね。

後味の悪い映画では、ありますが、爪痕メチャ残りました。

最初ののほほんとした、ラブコメ風から一転、ノンストップ的な殺人の話しが、
どんどん展開していきます。


イジメが原因ですが、一線を越えてしまった森田君を演じた森田剛の
いってしまった演技も強烈でした。

ストーカーや、行き着く先は殺人と、決して他人事てはないリアルな問題が、
見終わっても、なかなか興奮冷めませんね。

映画終わった後の、劇場のざわざわ感が、みな何かしらの怖さを共有したのかと。


セックスと殺しの場面が交互に展開されることに、ものすごく衝撃を受けましたね。
[PR]
by fyamasan | 2016-06-08 01:53 | 邦画 | Comments(0)