Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

「シンデレラマン~夫婦愛、家族愛に、感動!

映画「フィールド・オブ・ドリームス」を見た後も、
こんな妻が、家族がいたらなあと、考えましたが、
この「シンデレラマン」を見た後も、そう思いました。
この妻がいたから、夫はここまで出来たのだと。
夫婦愛、家族の絆って、すごい力を出すんだと、
改めて感動!

c0033213_010343.jpg

舞台はアメリカ。
時代は大恐慌で、失業率が高く、
誰もが明日に希望を持てなかった。
そんな時、一人の男が、人々に
夢と希望を与えてくれた。
シンデレラマンと呼ばれた。
まるで、「おとぎ話」の中から
出てきたみたいに、次々と
奇跡を起こしてくれたから。



ボクサーのジム・ブラドック(R・クロウ)は、
ライト・ヘビー級チャンプまでもう少しだったが、
度重なる怪我で、いつに現役を引退。
ライセンスまで奪われた。

元ボクサーが生活をしていくには、余りにも厳しい時代。
日雇い、物貰いまでして、何とか生活をしている、
そんな状態が続く。

そんなジムに、ある試合のオファーが届く。
元マネージャーでセコンドであった、ジョーが
明日の試合で、一人怪我で出れない、その代わりを
やってくれと。ファイトマネーは250ドル。
お金が入り、家族が喜ぶ、たった1試合だけならと、
軽く引き受けた試合だが、意外な事に、ジムは
勝ってしまう。

c0033213_0281494.jpg

ブランクの間に傷も癒えて、得意の
右ストレートも蘇っていた。
ここから、ジムの奇跡の快進撃が始まる。
一度は引退した、若くないボクサーが、
次々と強敵を倒していく。
人々は、自分の事のように、ジムの勝利を喜んだ。

そして、ついに念願のタイトル戦までたどり着いた。
しかし、妻、メイ(R・ゼルヴィガー)はここで、
試合を棄権するように訴える。
試合で二人のボクサーを、リング上で殺してしまったチャンプ。
ジムが戦うには、余りにも危険すぎる。

しかし、ジムの拳で愛する妻を、家族を
守ろうとするその姿勢には、妻も黙って
見守るしかなかった。

2Rも持てばいいという、下馬評通りに、
ジムは負けてしまうのか?
それとも、今までのように、奇跡を見せてくれるのか?
町中の人が、ジムの奇跡を信じて、ラジオの前で
声援を送る。
いよいよ、運命の決戦のゴングが鳴る!

実話をベースにしているから、こんな男が
いたんだと、感動がさらに深まる。
迫力あるボクシングシーンには、思わず力が入り、
応援の声が出そうでした。

決してあきらめないその気持ちと、それを支える
家族の絆が、奇跡を生んだ。

女性にはボクシングのシーンは、きついかもしれませんが、
この秋、1つの奇跡を映画館で、体験してください。
[PR]
by fyamasan | 2005-09-01 00:51 | 映画 | Comments(0)