Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

ライフ・イズ・ミラクル~人間、万事塞翁が馬。

今まで戦争を描いた映画を、色々と見てきたが、
これほど、ユーモアたっぷりで、しかもしっかり
主張はしている映画は、ないかな?
映画「ライフ・イズ・ミラクル」

c0033213_6174368.jpg

舞台は1992年のボスニア。
ボスニアの内戦が始まる前。
鉄道技師である、セルビア人のルカは、情緒不安定なオペラ歌手
の妻と、アマチュアのサッカー選手の息子と3人で、国境近くの山奥の
村で暮らしていた。

TVでは、ボスニアに内戦が始まったと、ニュースが伝えるが、
暢気なルカは、鉄道が早く開通する事と息子が早くプロ選手に
なる事に、頭がいっぱいだった。
しかし、息子がプロリーグからスカウトされた後に、
徴兵命令が来てしまう。
そして、ルカは村の人を集めて、壮大な送別会を開いた。
所が、この送別会で知り合った男と、何と妻は
駆け落ちしてしまうから、やっかいな事に。

一気に二人を失ったルカに、しばらくして追い討ちを
かけるニュースが届いた。
息子が敵方の捕虜になってしまった。
友人である軍人にあたってみるが、どうにもならない。

c0033213_6435246.jpg

そんなルカに、息子の友達が、ムスリム人の女性、
サバーナを連れてきた。
このサバーナと息子を捕虜交換してもらおう。
そして、交換の日まで、家でサバーナを預かる事に
なったルカだが、このサバーナに恋したから、事態は
複雑になる。
息子を助けたいが、助けたら彼女はいなくなってしまう。
そうする内に、駆け落ちした妻が戻ってきた。
三角関係にも発展しそうなこの恋、どうなるのやら?

ボスニアの内戦を描いた映画とは思えないほど、
人々は明るく、陽気で、悲惨さをみじんも感じさせないでいる。
人間だけでなく、色々な動物が出てくるが、みんな朗らかで
なんともユーモラス。
c0033213_6491165.jpg

特に、ロバがいい。
なんと、失恋して絶望に陥り、目には涙を溜めている。
死にたいと思い、まだ鉄道が走ってない、線路で
自殺しようとするから、人間顔負けである。

ただ、この映画、2時間30分あり、かなり長いのである。
僕が気になったのは、予告編では、ルカがサバーナと
恋に落ち、それに悩む、苦しみ、どう結論を出すのかが、
ポイントかな思っていたのですが、ルカがサバーナに
出会うシーンまでが長~~~~~い。
人物描写は大事だが、前ふりが長く感じて、いつ、ルカは
会うんやろか?と心配になってきた。

それでも、陽気に豪快に戦争の悲惨さを吹き飛ばす、
この映画、見て損はないかな!

貴方の戦争映画のイメージを覆すかも知れないですよ。
[PR]
by fyamasan | 2005-09-03 07:00 | 映画 | Comments(0)