Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

Dear フランキー~やさしい気持ちに

予告編を見た時から、これは泣きそうやなと
思っていましたが、やはり泣いた。
映画「Dear フランキー」

c0033213_2174410.jpg

舞台はスコットランドの海辺の町。
母親リジーは子供のフランキーと祖母のネルと、
この街に引っ越してきた。
何ども引越しを重ねるこの3人。
実は元夫が暴力夫で、その夫から逃れる為に、
街から街へと引越しをしていた。
元夫は律儀に捜索願を出し続けている。

フランキーは9歳の元気な男の子。
元夫の暴力で耳が聞こえない。
幼少の頃に別れたので、父の顔を覚えていない。
リジーは、父は英海軍のアクラ号の航海士で、世界を
回っているために、家にいないんだと説明していた。
そして、「Dear フランキー、~」から始まる手紙も、
このリジーがいつも書いていた。
そうとは知らずに、父からの手紙をいつも楽しみに
しているフランキー。手紙と一緒に世界の切手も
送られてくる。

そんなフランキーに嬉しいニュースがあった。
友達から、父が乗っている船が近じか寄港すると聞いた。
それを聞いたリジーは、真相を伝えるか、それとも、
一日だけの父になれる人を探すか。
悩みに悩んだ末、リジーは、この町で知り合ったマリーから
ある男性を紹介された。

c0033213_315356.jpg

そして、一日だけの父とフランキーの待ちに待った
一日が始まった。
いつも手紙で想像するだけの父が、すぐ前にいる。
父から、貰った石を大事そうにポケットにしまうシーンや
二人でパフェを食べるシーンにはジ~~んときてしまう。

たった一日だけの約束だったが、父役の男が
もう一日、フランキーといさせてくれと頼む。
フランキーは喜ぶが、リジーは困惑顔。
もう一日だけと、約束して、今度は
3人で街を歩く。
リジーにも逃げ回っていた生活から、ふと触れた
幸せに心が満たされてくる。
この男性とならやり直せるかなと。

c0033213_321236.jpg

しばらくして、暴力元夫の姉から、弟が病気でもう余命が
少ないと連絡が来た。
そして、病床でひと目でいいから、フランキーに
会わしてくれと頼まれる。

少し前に、父と称する男性と会ったばかりのフランキーに、
実際の父を会わす事が出来るのか?
しかも彼はもうすぐ死ぬ運命。
リジーの心は揺れる。


フランキー役を演じたJ・マケルホーン君の
演技が素晴らしい!
難聴の子供を見事に、そして、父に会う時の表情が
実に良い。天才子役と言われても不思議ではないですね。

偽の父役には、「オペラ座の怪人」で人気爆発の
J・バトラーが。こんなかっこいい人が独身という、
設定も不思議な気がするが。

音楽もピアノの音色が何とも、優しい気持ちになれます。
今年、オススメの1本ですね。
子供さんと一緒に行くのも、いいですよ。
[PR]
Commented by iiyan at 2005-09-06 21:16 x
これは確実に泣けますね。これは是非見ます。このブログを読むだけでも感動です。
Commented by fyamasan at 2005-09-07 00:10
>iiyanさんへ

残念ながら、大阪での公開は終わりました。
京都か神戸では上映してると思います。
ピアノのテーマ曲が良いですよ。
ぜひ、見てくださいね。
Commented by kanbe48 at 2005-10-08 16:21
またまた手紙です。
Commented by fyamasan at 2005-10-09 07:15
>kanbe48さんへ

ありがとうございます。
「Dear フランキー」は手紙なくして語れません。
ぜひ、DVD発売後はごらんになる事をオススメします。
by fyamasan | 2005-09-06 02:57 | ヨーロッパ映画 | Comments(4)