Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

2017年、上半期ベスト6

c0033213_02562138.jpg
c0033213_02563629.jpg
c0033213_02565208.jpg

七月も半分過ぎましたが、とりあえずの2017年上半期のベスト6。

順位はつけがたいですが、

第一位
「わたしは、ダニエル・ブレイク」

第二位
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」

第三位
「お嬢さん(韓国映画)」

第四位
「ぼくと魔法の言葉たち」

第五位
「残像」

第六位
「ジェーン・ドゥの解剖」

となりました。

新旧含めて70本、映画館で見ました。

後半もこの調子なら年間150本は見れるかな。

「マンチェスター~」は、周りからオススメされてましたが、なかなか見れなかった作品。
ようやく見れました。やはり、納得の1本です。

再生を目指す物語です。
そうは言ってもなかなか立ち直るのは難しい。

「どうしても乗り越えられない」と告白する主人公に何を言えば良いのか?

少しずつ、時間や周りによって解きほぐされていくしかないのでしょうが、胸に響きます。

ぎこちないキャッチボールのシーンが印象に残ります❗

「残像」は、亡くなったアンジェイ・ワイダ監督の遺作になります。

実在したポーランドの前衛画家、ストゥシュミンスキーを描いた映画です。

ワイダ監督自身、祖国の歴史を暗部も含めて、大きな力、権力に向かう人をテーマにして映画を作ってきた。

最後まで、信念を曲げなかったワイダ監督が選んだストゥシュミンスキーも、反骨の人でした。

政府や、権力者による都合の良い社会主義に馴染めず、協力を拒否したことから、社会から孤立させられていくストゥシュミンスキー。

体は弱り、生活も貧窮する中でも、決して信念を曲げなかった主人公を通して、色々と考えさせられました。

ここに取り上げた6本、みんなミニシアターですね。

下半期も良い映画に出会えますように。

c0033213_02571105.jpg

c0033213_02581216.jpg

[PR]
by fyamasan | 2017-07-19 02:55 | 映画 | Comments(0)