Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

SHINOBI~忍者版「ロミオとジュリエット」

日本映画初の試み。
映画制作費を一口10万円で募り、
3億の予算ぐらいは集まるかなと
踏んでいたが、何と、何と予想以上の
10億円も集まってしまった。
関係者の嬉しい誤算である。

人気の仲間由紀恵、オダギリジョーが
出演する、話題作、
映画「SHINOBI」の試写会に行ってきました。

c0033213_16201372.jpg

時代は江戸時代。
関が原の戦いも過ぎて、世は平和な
時へと向かっていた。
戦国の動乱期には必要とされた忍達。
しかし、平和の世では、むしろ
居てはいけない存在になっていた。

伊賀と甲賀を里にする、それぞれの
一族は、400年にわたり敵対しながらも、
お互い戦う事を禁じてきた。
しかし、忍一族撲滅を図る家康から、
それぞれの一族のうちから5名を選び、
お互い戦うように、命令が下った。
そして、勝った一族を保護すると。
(ほぼ同等の力を持っている者が戦えば、
相打ちになる、そう考えての家康の
命令である)

c0033213_1661251.jpg


ただ、この時にはすでに、伊賀の頭領、
朧(仲間由紀恵)と甲賀の頭領、弦之助
(オダギリジョー)の二人は、
敵対する者同士でありながら、
許されぬはずない運命の恋に落ちていた。


ここから、
忍一族版「ロミオとジュリエット」である。

確かに人を殺す事が、生業であったが、
戦う意味が分からないまま、5人の
忍たちは、戦いを始めていく。

果たして、どちらの一族が勝ったのか、
また、家康は勝った一族をどのように
したのだろうか?



ただ、残念な事に、「ロミオとジュリエット」の
持つような、許されぬ恋に落ちる二人の
宿命の悲劇さが伝わってこなかった。

二人以外の忍の人物背景も不十分な為に、
どうも、物語にのめり込めない。

c0033213_16484887.jpg


この映画のテーマとして、
1.許されぬ恋に落ちて、運命に翻弄される
  二人の悲しき宿命
2.時代の波にのまれ、消えていく宿命をもつ
  忍一族の悲劇。

が、あると思うのだが、どうもこの二つを
中途半端に描いているので、何も
伝わってこないである。
僕的には、「SHINOBI」前編で、
テーマ1をして、「SHINOBI」後編で
テーマ2を取りあげれば、
内容をもっと掘り下げられ、各登場人物の
背景も十分に描けたのではないだろうか?
と考えますが。

それでも、またオダギリジョーの
かっこよさは、惚れ惚れするほどで、
ファンには必見ではないでしょうか!

アクションシーンもかなり迫力があり、
それはそれで十分に楽しめるが、
忍達が使う忍術ももっと披露して
欲しかったなあと、思いますね。

内容が面白いだけに、
もう一工夫欲しかったです。
[PR]
by fyamasan | 2005-09-14 16:45 | 邦画 | Comments(0)