ステルス~非常に危険です!

映画「2001年宇宙の旅」からだろうか?
コンピュータが人間に反乱を起こすというのは。
「ターミネーター」では、核戦争まで引き起こされるし、
「アイ、ロボット」の近未来でも、やはりやっかいな
存在になっている。

映画「ステルス」も実は近未来の話。
会社や政府でも、軍でも同じだが、一番お金が
かかるのは、人件費。ここを何とか削りたい。
そして、アメリカ海軍は史上最強の
無人戦闘機を完成させた。
これは吉と出たのか?それとも凶と出たのか?

c0033213_1291618.jpg

この映画の主人公の3人は、アメリカ海軍の精鋭パイロット。
ベン(ジョシュ・ルーカス)、カーラ(ジェシカ・ビール)、
ヘンリー(ジェイミー・フォックス)。
戦闘機ステルスを担当する者として、最後まで訓練に残った。
そして、もうひとり?の主人公が、人工知能を搭載した
無人戦闘機ステルス、名は、EDI(エディ)という。

c0033213_1431748.jpg

極秘に薦められる対テロプロジェクトに、このEDIを
加えて、政府に了承を取りつけ、昇進と全面バックアップを
目論む、海軍上層部。

しかし、ある任務中、EDIは落雷を受け、
人工知能に何かが生じたようだ。
そして、次の任務で、EDIは一人任務を離れ、
別行動に出てしまう。
実は隠されていた、極秘ファイルにアクセスし、
それを実行しようとしていた。
これが実行されれば、大規模な戦争が起こってしまう。
3人はEDIを連れ戻しにいくが、自我に目覚めたEDIは、
彼らにとって、史上最強の敵となってしまった。
さあ、この史上最強の敵を、彼らはどう食い止める?

c0033213_202176.jpg

最近、デジタルリマスターでリバイバル上映された
「トップガン」以上の戦闘機アクションシーンの数々に
大興奮。
僕が一番気に入ったのは、パラシュートで降りてくる
兵士の上から、機の破片がまるで隕石のように
落ちてくるシーン。
これは、今まで見てなかった映像。

ただ、戦闘機アクション + 3人のラブロマンス +
海軍上層部の政治的駆け引きなどを描いているが、
どれも中途半端に終わってしまっているのが、残念。

エンドロールが終わっても、お楽しみがあるのですが、
続編があるよという、感じかな?

c0033213_224295.jpg
この試写会の前には、元傭兵の
テレンス・リー氏のお話がありました。
(正直、どうでもいい話?)
テレンス・リーって誰?と思っていた僕は、
最初、K-1の角田さん?と思いましたが。



テレンス・リー曰く、この映画のような話は、起こりうる
話で、「非常に危険」らしいですよ。
[PR]
by fyamasan | 2005-09-26 02:09 | 映画 | Comments(2)
Commented by washan at 2005-09-26 22:42 x
僕が学生の頃、研究テーマとして人気があったのが、AI(人工知能)とマイクロマシンでした。(僕は少しばかり人気が回復した超伝導というのやってました)。「空が飛べたら」という夢を実現した飛行機が、一方で戦闘機になるように、科学技術の進歩は、裏返せば、人類をそして地球を破壊する方向への進歩とも言えます。唯一の期待は人間のモラルや道徳感です。そのモラルや道徳感も科学技術の進歩そして資本主義的合理主義によって少しずつ破壊されているようでちょっと心配ですが。
 映画や文章や音楽がそのモラルや道徳感の進歩を促してくれればと思う今日この頃です。ちょっと、真面目に(^o^)
Commented by yamasan at 2005-09-27 02:31 x
>washanさんへ

たしかにそうですね。
ダイナマイトも最初は仕事がしやすくなるように、考えられたのに、
人を殺す道具になりましたし。
資本主義的合理主義というのは、お金が儲ければ
何をしてもいいような、考えですからね。
特に外資のヘッジファンドなどは、ハゲ鷹と言われてますが。
僕としても、映画や文学、芸術で、人間性を高めて行ける様な、
仕事が出来ればと思います。


メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

やまさんとは?

映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新の記事

ルパン三世-カリオストロの城
at 2017-01-27 23:57
アイ・イン・ザ・スカイ~世界..
at 2017-01-24 01:54
MILES AHEAD/マイ..
at 2017-01-17 02:06
男はつらいよー続 男はつらいよ
at 2017-01-13 00:02
アイヒマンを追え! ナチスが..
at 2017-01-11 02:14

カテゴリ

全体
映画
料理
読書
その他
スポーツ
音楽
映画制作
ドラマ
ドキュメンタリー
韓国映画
ホラー映画
邦画
ヨーロッパ映画
美術館めぐり
時代劇
B級の館
舞台
午前十時の映画祭
3D

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

★☆★風景写真blog★...
かえるぴょこぴょこ CI...
ヨーロッパ映画を観よう!
ブログ

最新のコメント

ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19

ライフログ

感動、衝撃、絶賛
パリのレストラン

クリクリのいた夏

レント デラックス・コレクターズ・エディション

男たちの宝塚―夢を追った研究生の半世紀

ルイズ―父に貰いし名は

ON THE ROAD“FILMS”

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧