Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

優勝、胴上げ、&感動!

9月29日は忘れられない日になりそうです。
マジック1で、かっての宿敵巨人との今季最終戦の
甲子園で、ついに念願の優勝が決まった!

c0033213_15593818.jpg

先発は下柳。
この日も安定したピッチングで見ていて安心があった。
兄貴、金本の先制タイムリーもあり、桧山&矢野の
ダメ押しのタイムリーと、まさに巨人に対して、圧勝であった。

そして、9回表、2死から最後の打球を
金本が取ると、優勝の瞬間が来た。
次々とマウンドに駆け寄る選手達。
岡田監督が来て、宙に5度待った。

c0033213_1613391.jpg


この瞬間を目の前で見れるとは、感無量であった。
小学生の頃、バックスクリーン3連発と、強打線の
イメージが強かったタイガース。
長い低迷期を経て、ようやくここまで来た。
涙は流れなかった。
不思議と冷静に見ている自分がいた。

次は日本シリーズ。
やはり相手はソフトバンクに勝って、再び宙に舞って欲しい。
チケットが大変だが、今度も目の前で見たいものだ。

小ネタとして、
その1.
帰りの電車も阪神ファンで一杯で、誰からともなく
「六甲おろし」や「選手応援歌」を歌い出す。
甲子園でも散々歌ったはずなのに、まだまだ続いた。

そして、梅田駅には多数の警官が待ち受けて
いました。ここじゃ何にも起きないと思うけど。
また、阪神百貨店の前では、もう人が並んでいた。
確か先頭はお笑いの「OK」だったと思うけど。

その2.
藤川球児が投げる時、物凄いカメラのフラッシュが。
日本新記録もかかっていたこの試合、ファンもかなりの
熱のこもったカメラの撮りよう。
外野席から見ると、本当に綺麗にフラッシュが見えた。
球児はあまりの量に、かなりびっくりしていましたね。

その3.
やはりライトスタンドは凄かった。
もう他の席の人たちは帰っているのに、ライトはほぼ満員で誰も
帰らない。延々と続く「六甲おろし」や「選手応援歌」。

球場を出ると、ファンが自主的に「ビールかけ」をしていました。
「あ~、俺もやりてえ~」と思いましたが、今は我慢、我慢。
日本一になったら考えてもいいかなと、思ったりもしました。

いやあ~充実した一日でした。(^。^)
[PR]
by fyamasan | 2005-09-30 16:08 | スポーツ | Comments(0)