八月のクリスマス~山崎まさよし

韓国版「八月のクリスマス」は、DVDで見ましたが、
僕にとっては心に残る映画の1本となっています。
さあ、リメイクされた日本版は、どんな感じに
仕上がっているかな?

c0033213_14132239.jpg
北陸のある町。
小さな写真館を営んでる寿俊
(山崎まさよし)は、病気に
侵されており、もう死期も近い事
も分かっていた。
そのことは周囲に漏らさず、
彼は自分の死を静かに受けれいれて、
残された時間を、大切に過ごしていた。




そんな彼にも最後の出会いがあった。
近くの小学校で臨時の教師をしている
由紀子(関 めぐみ)が現像を頼みに来た
事がきっかけで、二人は徐々に惹かれあっていく。
しかし、死期迫る彼には、自分の気持ちを
伝える事など、出来なかった。
そんな事を知らない由紀子は、彼への気持ちを
どんどん強めていく。
そんな時、正教師として能登半島への
赴任の話が持ち上がる。

c0033213_1439955.jpg

切なくて、静かで、なんとも愛おしい。
静かに死を受け入れる覚悟が出来ていたはずの寿俊が、
由紀子との出会いで、「生きたい、心底生きたい、君と生きたい」と強く
思うようになるが、どうにもならない事への苛立ち、
その悔しさ、もどかしさに見ている者は胸を打たれる。

由紀子も最初は化粧もしない女性だったが、
写真館に来るようになって、口紅をつけたり、髪を
整えたりと、好きな男性に会う、女性の心の変化が
見れるのが、なんとも微笑ましい。

写真館での様々な人とのエピソードや、
家族や友人との思い出、いいシーンが沢山
ありますが、僕は寿俊が町で一番好きな場所に
(坂の上にある)
由紀子を連れていくシーンが一番胸に響いた。
c0033213_14542691.jpg

「冬になると雪が積もって、もっと綺麗に見えるんだよ」
「だったら冬にもう一度、来ようよ」
「駄目だよ、もう無理だよ、こんなおじさんの体力じゃね」
と笑いあう二人。
でも結末を知っているから、もう切なくてしかたないです。

もし自分が、貴方が寿俊の立場だったら、
どんな形で、愛する人に愛を残していくだろうか?

寿俊役は山崎まさよし以外は考えられないでしょうね。
音楽も良くて、映画の魅力をさらに深めています。

韓国版を見た人も、見ていない人もぜひ、ご覧下さい。
[PR]
by fyamasan | 2005-10-17 15:02 | 邦画 | Comments(4)
Commented by washan at 2005-10-17 21:46 x
『♪One more time,One more chance♪』 好きな曲の一つです。今回の主題歌はピアノの弾き語りとストリングスの響きがきれいな曲ですね。4年前にピアノを習いましたが、挫折してしまいました。右手と左手がどうにも同じ動きになってしまいます。その出来ないイライラが自分自身我慢できずにすぐにあきらめました。。。やっぱ、ピアノは子供の時から!
 山崎まさよしってなんか地方都市が良く似合う気がします。北陸も良く似合うのでは。やっぱり滋賀の草津出身で山口の防府市で育ったからだろうか?
Commented by fyamasan at 2005-10-18 00:55
>washanさんへ

そうですね、彼は都会というより、田舎の素朴な雰囲気が伝わりますね。
僕も密かにピアノを習いたいと思っていますが、どうなることやろ。
子供が出来たら、ピアノよりヴァイオリンを習わせたいと思っております。
Commented by mrbig20000 at 2005-10-18 23:39
はじめまして。お邪魔いたします。山崎まさよしは個人的に大好きです。one more~の月とキャベツは何年か前に見て感動しました....今でも定期的に借りては見返してます....
Commented by fyamasan at 2005-10-19 06:14
> mrbig20000さんへ

コメント有難うございます。
この「八月のクリスマス」はまさに山崎まさよしのはまり役ですね。
ファンの方は、必見だと思いますよ。
映画にも、また出て欲しいですね。


メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

やまさんとは?

映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新の記事

ルパン三世-カリオストロの城
at 2017-01-27 23:57
アイ・イン・ザ・スカイ~世界..
at 2017-01-24 01:54
MILES AHEAD/マイ..
at 2017-01-17 02:06
男はつらいよー続 男はつらいよ
at 2017-01-13 00:02
アイヒマンを追え! ナチスが..
at 2017-01-11 02:14

カテゴリ

全体
映画
料理
読書
その他
スポーツ
音楽
映画制作
ドラマ
ドキュメンタリー
韓国映画
ホラー映画
邦画
ヨーロッパ映画
美術館めぐり
時代劇
B級の館
舞台
午前十時の映画祭
3D

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

★☆★風景写真blog★...
かえるぴょこぴょこ CI...
ヨーロッパ映画を観よう!
ブログ

最新のコメント

ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19

ライフログ

感動、衝撃、絶賛
パリのレストラン

クリクリのいた夏

レント デラックス・コレクターズ・エディション

男たちの宝塚―夢を追った研究生の半世紀

ルイズ―父に貰いし名は

ON THE ROAD“FILMS”

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧