Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

四月の雪~ヨン様 × ソン・イェジン = ?

「八月のクリスマス」のホ・ジノ監督の最新作
であり、主演はヨン様とソン・イェジンと聞いたら、
これは見るしかないでしょうという感じになりました。
映画、「四月の雪」

c0033213_5433615.jpg

突然の、妻スジンの交通事故の連絡。
夫のインス(ヨン様)は病院へ駆けつけると、
妻の横には見知らぬ男、ギョンホが横たわっていた。
その男の妻、ソヨン(ソン・イェジン)も駆けつけてきた。

二人は同じ車に乗っていた。
そして、インスとソヨンは思いもよらぬ事実を知ってしまう。
二人は不倫旅行での交通事故だった。

呆然とする、インスとソヨン。
思わず、「死んでしまえばよかったのに」と呟くインス。
信じていた人に裏切られ、しかもその本人は意識不明の重体。
どんな胸中で過ごせるものなのか?

c0033213_615942.jpg

病院近くのモーテルで、何度か会い、話してるうちに、
同じ傷を負ったもの同士、静かに心通わせ、
インスとソヨンは二人のように、許されぬ
不倫の恋に落ちしてしまう。

しかし、共に意識不明の重体であった二人だが、
スジンが目を覚ましたと連絡が入る。
急いで病院へインスは駆けつけるが。


ヨン様が主演していなかったら、これほどは
注目されなかっただろうという感じがしていた。
映画館は、ほぼ、おばちゃんが占拠。
(今回はあめちゃんの匂いはしていない)
もう公開から1ヶ月経っているのにね、さすがだわ、ヨン様!
(おそらく日本では韓国映画史上最高の売り上げとなり、
悲しいかな、本場韓国では散々な結果となった)

c0033213_6533562.jpg

@ この映画は、ストーリーが劇的に変わる事もなく、
大きな起伏もない映画である。
だからこそ、主演の二人の何気ない仕草や言葉が
重要になってくる。

不倫の事実を知った時の、悲しみに暮れた表情から、
お互いに惹かれあい、恋に落ちていくまでの、
恥じらいと戸惑いを見せる表情などに注目して貰いたい。

意外にも大胆なベッドシーンもあり、
ヨン様の割れてる腹筋や、意外とグラマーな
イェジンの下着姿など、「へぇ~」となる。

そして、タイトルが「四月の雪」となっていますが、
インスとソヨンの会話で、
「僕は冬が好きだし、雪も好きなんだ」
「私は春が好きかな。でも雪も好きよ」
「それならば、春に雪が降ればいいね」

「四月の雪」は、降っても降っても積もることはない雪。
これは二人の恋の結末を暗示しているのだろうか?

目を覚ました妻に対して、インスはどう対応するのか?
ソヨンの夫のギョンホは何やら体調が悪化している模様。

どうなるの二人?
そして、インスとソヨンの恋の結末は如何に?

ただ、インスの妻がちょっとブサイクちゃうの?と
思わずつっこみを入れたくなりました。
ソン・イェジンとはいかなくてもね。
気になりました。
[PR]
by fyamasan | 2005-10-22 07:04 | 韓国映画 | Comments(0)