Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

コープス・ブライド

ストップモーション・アニメをご存知でしょうか?
1,2秒のコマ撮影の為に、だいたい12時間
くらいかかると言われています。
この映画は77分。というと、どれだけ時間が?
これを聞くと、よそ見なんかしてられませんよ。
ティム・バートン監督の
「コープス・ブライド」がそれにあたります。

c0033213_233069.jpg

19世紀のヨーロッパのとある村。
成金夫婦の一人息子、ビクターと、
由緒ある貴族だが、落ちぶれた夫婦の
一人娘のビクトリアの、親による
政略結婚が、明日に迫っていた。
ビクターもビクトリアも親の言いなりで、
お互い、顔も見ていなかった。






会って話をして、意外や意気投合して、この結婚も
捨てたものじゃないなあと思っていたのだが、
リハーサルの時に、ビクターは緊張のあまり、
肝心の言葉が出なかったりして、神父さんにえらい怒られる。
「きちんと覚えるまで、延期じゃ~(怒)」と言われる始末。

落ち込んで一人森の深くまで来て、練習をしていた。
練習なら上手くいき、花嫁の指に指輪をはめる練習で、
土から出た小枝に指輪をはめた所、これが小枝じゃなくて、
なんと、幽霊のエミリーの指だったのです。

c0033213_2194553.jpg

プロポーズを喜んだエミリーはビクターを
地下のあの世へと引っ張って行きました。

いきなりあの世へ連れてこられたビクター。
地上にいるビクトリアの元に帰らねば。
しかし、このエミリーの話を聞くとほっとけない。
そんなあの世の事にはお構いなく、地上では
頼りないビクターに代わって、違う男が出てきたようで、
ビクトリアは彼と結婚してしまうのか?

さあさあ、この3人、いや4人の恋愛関係はどうなるのやら?

c0033213_2294528.jpg

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」以来の
ティム・バートン監督のストップモーション・アニメです。

この映画、面白いのは、生きている地上の人たちが、
灰色というか、どうも陰気くさい印象を与えるのですが、
地下のあの世に住む幽霊達は、派手というか明るい
印象を与えるんですよね。
「ロシア民謡」をベースにしているという話なので、
その事も踏まえた表現方法なのかな。
(この世は地獄、あの世は極楽)
実際、地下のあの世はめちゃめちゃ楽しそうで、
僕もここなら早く行きたいよ~と思いました。

殆どガイコツの幽霊ですが、ガイコツ犬や村の長老は
ガイコツ姿にあご髭を生やしていたりと、なかなかユニークです。

セリフなどもミュージカル調になっているシーンもありますし、
ビクター、ビクトリア、エミリーがそれぞれ、ピアノを弾くシーンが
あるのですが、これがまた良いですね。
特にビクターとエミリーの共演は見物です。

エミリーの身の上話を聞くと、
「あ~なんて、可哀想な女性なんや」と思わず、ジーーーンと
なり、エミリーの幸せを願ってしまいますね。
幽霊になってもウエディングの花嫁姿は女性にとっては、
憧れなんですね。

ビクターの声をジョニー・デップ。
ビクトリアをエミリー・ワトソン。
エミリーはヘレナ・ボナム=カーターが
それぞれ担当してます。
ビクターの気の弱い役柄の声はいい感じでしたよ。

CGでは味わえないストップモーション・アニメを
楽しんでください。
そして、彼らの恋の結末を。
[PR]
by fyamasan | 2005-11-01 02:45 | 映画 | Comments(0)