Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

ブラザース・グリム~モニカ様~!

数年前だったでしょうか?
「本当は恐ろしいグリム童話」など、グリム童話に
関する本がかなり出版されたのは。

そして、もし童話を書く前に、グリム兄弟がこんな冒険を
していたらという設定で作られたのが、
映画「ブラザース・グリム」です。

c0033213_3211658.jpg

1790年代のドイツ。
フランス占領下におかれていた時代。
ある兄弟が、ドイツの村々を回って、魔女祓いや
悪霊退治を自作自演でしておりました。
そして、大金をせしめていた。
この兄弟が有名なグリム兄弟です。
兄ウィルを演じるのが、マット・デイモン。
弟ジェイコブを演じるのが、ヒース・レジャー。

しかし、あこぎな商売は長続きしません。
フランス軍の将軍ドゥラトンブに捉えられてしまい、
ある条件をのめば、放してやると言われました。

その条件とは?
ある村の森で小さな女の子が10人、
行方不明になっている。
将軍が言うには、これもまた誰かのいかさまに違いないから、
このいかさまを見破って、いかさま野郎を連れてこいと。

さて、村の森に入って、グリム兄弟は今までにない不安を感じる。
「この森、マジでやばいで~」
人を襲ってくる木、狼(変身すると、人間になって斧を投げてくる)
何とも不気味な巨大な塔。
そしてその塔に住んでいるとされる女王。

c0033213_463293.jpg


どうやらこの森、この女王によって操られているようですね。
500年前から、この女王がある目的の為に生き続けているのです。
それがもうすぐ叶えられそうなんです。
これが10人の少女の行方不明と関係がありそうですよ。

いかさまが通じないこの森で、グリム兄弟は無事に、
女の子を探し出せるのか?
果たして、女王の目的とは?

この女王を演じるのが、モニカ・ベルッチ。
今作の紹介では、イタリアを飛び越えて、「ヨーロッパの宝石」と
呼ばれています。

c0033213_3504781.jpg

現在、プロレス界をリードする「ハッスル」では、
インリンが(M字ビターンなどで有名ですが)、
「インリン様~」と呼ばれております。
この映画では間違いなく、「モニカ様~」ですね。

500年生き続けてきた女王ですが、鏡に映った姿は「モニカ様」そのもの。
この美貌で多くの男を虜にしたに違いない。

うーーーん、一度虜にされたいものだと、
別世界に住む私は、そう強く思いますが。

さてさて、監督はあのテリー・ギリアム。
カルト的な人気を持つ人ですが、今までの映画で
一番分かりやすい展開となっております。

c0033213_45644.jpg

前回は、ドンキホーテを題材に映画を撮っていましたが、
撮影開始してから、6日後にに中止になり、未完成のまま
おわっちゃいました。
この顛末はジョニー・デップ主演で「ロスト・イン・ラ・マンチャ」で、
詳しく描かれています。


ファンタジーを期待すると、少し、いや、かなり興ざめかな?
でも、笑えるシーンも多く、どうなるのか?どうなるのか?
と結構ハラハラドキドキしますし、中々楽しめました。

何か続編がありそうな雰囲気だし、次は魔法を使うグリム
兄弟が見たいなあ~。
[PR]
by fyamasan | 2005-11-05 04:13 | 映画 | Comments(0)