Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

カスタムメイド 10.30

2004年10月30日「ひとり股旅スペシャル」として、
あの広島市民球場で行われた奥田民生のライブ。
本来はそのドキュメンタリーを作る予定が、
そこにもし、木村カエラが見ていたとしたらと、
新しく物語として作られたのが、
この映画「カスタムメイド 10.30」です。

c0033213_2442474.jpg

主人公の女子高校生、小林マナモ(木村カエラ)の
家庭環境は少し複雑。
両親が離婚し、父(安斎肇)はロンドンへ、妹のみなも(西門えりか)と
一緒に行き、母(川崎カイヤ)とマナモは広島で一緒に住んでいたのだが、
母は再婚、山口県へ行った。
一人住んでいたマナモの元へみなもが帰ってくる。
何でも、父が再婚し、一緒に住みづらいという事らしい。
本当は仲良いのだが、いつも喧嘩しているこの姉妹。
父が安斎肇で母が川崎カイヤだなんて、在りえないのだが、
こんな家族を見てみたい気はしますね。

妹の方がかなり大人っぽく見えるが、マナモの方が姉。
(妹を演じる西門えりかさん、モデル出身で現在、ロンドンで
学業中とか。これからが楽しみな女優ですね)
高校生のくせにキャバクラでバイトして、結成したガールズ・
バンド(五次元カスタムズ)のデビューライブまであともう少しという所。

そんなマナモの元へ、自称「天使」の二人組みが近づいてくる。
何でも修行中で、本物の天使になるように、頑張っており、
「10月30日の奥田民生のライブ」にこの姉妹を
連れていくのが、仕事らしい。なんじゃ、それは?

そんなマナモの物語と並行して、奥田民生の
ライブ映像が流れたり(沖縄の映像もあり)と
正直、ストーリーは殆ど意味がないです。

木村カエラ、奥田民生ファン以外の人が見たら、
かなりのお怒りモードが爆発するでしょうね!
僕は予告編を見て、面白そうだと思って前売り券まで
買っちゃいました。
(特典に、民生のギターピッグが貰えたからか?)

やはり圧巻は、奥田民生のライブ。
ユニコーン時代を知っていると、年齢が分かるかな?
広島球場を満杯に出来るそのパワーは凄い!
今年は野球で満杯になったのか?カープ!

c0033213_3202925.jpg


このタイトルの10.30はもちろん10月30日の事ですが、
この日は、広島では例年、殆ど雨が降らないから決まった
らしいです。
しかし、この年は、前日まで90%の降水確率でしたが、
見事にライブの時間は快晴でありました。
民生の第1声が「いや~、晴れましたね」
民生=晴れ男というのは、どうやら本物らしいですな。

木村カエラもインタビューなどで、生まれてから緊張した事が
ないと答える程のツワモノですが、役柄というかリアルな
素な女子高校生を可愛く演じてました。
「~じゃけんのう」など、広島弁もうまく使ってましたよ。

脇役人も個性あって面白い!
マナモが働くキャバクラの店長は寺島進だし、
常連客が柳沢慎吾。
天使に手紙を届ける神様には、ミッキーカーチスが。
その天使は加瀬亮と小倉一郎が。

c0033213_3352827.jpg

この天使が映画の中で見る映画が
「ベルリン・天使の詩」だったりと、
細かいところを見ていけば、
楽しめるかも。



従来の映画として見れば、「何じゃ~これは?」となりますが、
こういう映画もありかなと思えれば、まあ、いいのかも。

民生のライブが見たい人には、必見ですよ。
「さ~~~すらおう~!」
[PR]
by fyamasan | 2005-11-14 03:37 | 邦画 | Comments(0)