Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

カーテンコール~昭和の香りを残しつつ

c0033213_1604417.jpg

映画「ニューシネマ・パラダイス」は
映画へのオマージュと初恋の
物語だった。

この「カーテンコール」は同じく映画への
オマージュと父と娘の物語となっていた。

そして監督の佐々部清の
「ニューシネマ・パラダイス」への熱い
思いが感じられる映画でもあります。



東京から博多へ転勤となった、出版社務めの
OLの香織(伊藤歩)は、そこで読者からの
1通の手紙を受け取る。そこには

「昭和30年代後半から40年代中頃にかけて、
下関の映画館・みなと劇場にいたある芸人を探して
欲しい。素朴な芸ながら心を和ませてくれたあの
至福の時間をもう一度味わえたら」

その当時には、幕間芸人と呼ばれる人たちがいた。
文字通り、映画や舞台の幕の間に出てきて、芸や
コネタを披露する。だが、映画の斜陽に伴いその人たちも
消えていった。(ビートたけしが浅草のストリップ場で、
幕間芸人だったのは有名な話)

香織はその手紙を手に、みなと劇場を訪れた。
また下関は香織の故郷でもあり、今でも母を亡くした
父が一人で住んでいる。
いまでも30年近く映画館で働いている宮部(藤村志保)に
その当時の事を聞いているうちに、その幕間芸人だった
安川修平(藤井隆)と、その娘(鶴田真由)の話に興味を覚えて、
1つの記事にすることにした。
そして、それは失われた父と娘の絆をもう一度
取り戻すことでもあった。

c0033213_1261914.jpg


「ニューシネマ・パラダイス」が大好きな僕にとって
この映画は忘れられない映画になりそうです。
同じようなシーンも随分見かけました。

・自転車でフィルムを他の町の映画館へ届けるシーン。
・フィルムが途中で切れて、客が騒ぎ出すシーン。
「ニューシネマ~」では、ここでのお客のやりとりが
面白かったのだが、「カーテン~」では、安川の即興ネタが
意外に受けて、これが評判となり、彼は従業員ながら、
幕間芸人として、映画館のスターとなっていくのである。
・お客さんが満員で、扉から人が溢れて、大きな笑い声が
聞こえてくるシーン。

でも圧巻はラストからエンドロールへの場面。
「ニューシネマ~」では、キスシーンが流れましたが、
「カーテン~」では、その当時の映画館の看板が流れます。
高倉健、吉永小百合、勝新太郎、小林旭など、日本映画
黄金期を支えた主役たちの生き生きとした表情。

映画館を出る時は、僕も知らず知らずに
「いつでも夢を」を口ずさんでいました。

c0033213_2101921.jpg


現在、50代、60代の方は、この映画を見るうちに、
青春の思い出鮮やかに蘇ってきそうです。
シネコンしか知らない現代っ子は、昔の映画館はこんなにも
人の息遣いが聞こえてくる、人情味溢れた場所だったんだと、
姿を失いつつある昔ながらの映画館を見直して欲しいです。

「チルソクの夏」もそうでしたが、在日問題もしっかりと
描いている点も、この監督ならではと、
「チルソクの夏」の水谷妃里も映画館の売り子役で
ちらっと出てきます。
福本清三さんも出てきましたよ。

舞台は下関ですが、原案の舞台は大阪の千日前の
映画館なんですよ。

映画への大きな愛が感じられるこの映画、
寒い季節に大きな熱い感動を味わってください!
[PR]
Commented by bobbyshiro at 2005-11-21 00:57 x
観たんですね。
おすすめですか?
俺も機会があればみますね~
でもレイト上映していませんね。
Commented by fyamasan at 2005-11-21 01:16
>bobbyshiroさんへ

「ニューシネマ~」や感動物が好きな人には、オススメですよ。
「昭和歌謡全集」などもチェックしたくなりますよ。
レイトはしばらくしてからありそうですよ。
Commented by かみぃ@未完の映画評 at 2005-11-26 06:27 x
TBありがとうございました。
まだ三十代なので当時のことはわからないのですが、監督の熱意は伝わってきました。
個人的には今年No.1に成りそうな気がしてます。
これからもよろしくお願いします。
Commented by kimion20002000 at 2006-03-29 09:19 x
TBありがとう。
あら、原案の舞台は、千日前だったんですか。なるほど、その幕間芸人なんですね。千日前は、吉本王国に支配されてしまいましたが(笑)、芸人の故郷みたいな場所ですからね。
Commented by fyamasan at 2006-04-03 22:39
>kimion20002000さんへ

原案は千日前と聞いて僕もびっくりしましたが、探せば全国に色々な
幕間芸人はいらっしゃったと思います。
シネコンでは無理ですから、これも昭和の時代だから出来たのでしょうね。寂しいですが、昭和の香りのする映画、また見たいです。

by fyamasan | 2005-11-20 01:54 | 邦画 | Comments(5)