Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

そして、ひと粒のひかり~少女の旅立ち

面白く、楽しく、ワハハと気軽に見る映画もあれば、
リアルな現実に、こころ苦しい映画もある。
どちらも人間の本質をついているので、映画ってやっぱり
凄いなあと、あらためて思います。
映画「そして、ひと粒のひかり」は後者の映画。

c0033213_5333315.jpg

舞台は南米のコロンビア。
映画ではたいてい、麻薬がらみの国として登場するが。
田舎町に住む17歳の女の子、マリア(カタリーナ・S・モレノ)は、
近くのバラ農園での単調な仕事に嫌気がさしていたし、
家に帰れば、母や姉とも喧嘩が絶えないし、彼氏とも何の刺激の
ない日々を繰り返していた。

そんなある日、マリアは妊娠していることに気づく。
責任は取るという彼氏だが、男に捨てられた姉を
身近で見ていると、そんな言葉は信用出来ない。
(もともとお互いに愛はなかったかも知れない)
(寂しさから結びついたのかも知れない)

仕事場でも主任と揉めて、とうとう仕事を辞めてしまった。
それでまた母と姉と揉めた。
たまたま知り合った男性に、売人の仕事の話を聞いた。
麻薬を胃の中に入れて、密輸する、ミュール(運び屋)と
呼ばれる仕事だった。

高額な報酬と現状からの脱出を夢見て、マリアは
この仕事を引き受ける。
62粒の麻薬を胃の中に入れて、マリアはNYへと旅立った。

c0033213_5474297.jpg


上の画像で見て欲しいのですが、白色のちょうど、親指ぐらいの
大きさのもの。これがその麻薬です。
胃の中で破れてしまうと死んでしまうので、破れないように、
ゴム袋でカバーしている。
これらをマリアらミュールと呼ばれる人は飲み込むのである。
女性なら60粒ほど、男性なら100粒飲むという。
そして、目的地に着いたら、下痢薬を飲まされ、粒を体外へ出す。

NYの税関でかなりマリアは追求される。
税関職員もこのミュールという存在を知っており、
マリアは4人でやってきたのだが、一人は捕まってしまう。
このあたりの描写はドキュメンタリー調で、かなりリアルに
描かれていて、ハラハラしてしまった。

一緒に来た4人の一人、ルーシーの姉がNYで暮らしているのだが、
彼女がいうセリフが、コロンビアの貧困層の現状を表している。
「子供はアメリカで生みたかった。チャンスを与えたかった。
コロンビアで生んで育てるなんて考えられない」

マリアが来た理由も同じ。
あの故郷では、希望が夢が見れないのだ。
こんな不幸な事はないだろう、17歳のこれからまだまだ
人生が続く子に、希望が見出せない現実。

この旅でマリアの中で何かが変わっていく。
それは何か?
また、タイトルの「ひと粒のひかり」とは何であろうか?

c0033213_620659.jpg

リアルで厳しい現実を見せつけるが、これも青春映画。
お気楽な青春ものもいいが、時には、
このような青春ものも如何でしょうか?

世界の映画祭で絶賛された、マリアを演じた
カタリーナ・サンディ・モレノの演技にも注目して貰いたい。
彼女のデビュー作でもあります。
[PR]
by fyamasan | 2005-12-03 06:18 | 映画 | Comments(0)